ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

応急給水

印刷用ページを表示する 2015年3月27日掲載

1995年の阪神大震災以来、台湾大震災等、大規模な災害が相次いでいますが、岸和田市では災害時に皆さんの大切な飲料水を確保するため、応急給水タンクを西之内町の中央公園内(100立方メートル)と別所町の宮の池公園内(50立方メートル)に設置しております。
平常時は配水管として通水しておき、大地震等による災害時に配水管が壊れた場合、自動的に遮断弁が閉じ飲料水を貯蔵するタンクとして機能し、エンジン付のポンプあるいは、手動のポンプで汲み出します。生命を維持する為には、1人1日平均3リットルの飲料水が必要だといわれています。100立方メートルは延べ33,000人分に相当します。

非常用貯水槽概要図
非常用貯水槽概要図

緊急貯水タンク仕様

1.構造材料

ダクタイル鋳鉄製貯水槽(耐震・緊急用)
(日本ダグタイル鉄管協会規格JDPA-G1041)

2.貯水容量

100立方メートル,呼び径 φ2600mm

3.設置方式

地下式

4.給水設備類

エンジンポンプ(車輪付)

2台

手押しポンプ

2台

給水スタンド

4台

給水ホース(L=7.0メートル)

4本

応急給水タンク銘版

1個