ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

漏水の発見方法

印刷用ページを表示する 2016年6月21日掲載
 宅地内での水漏れはお客さまの上下水道料金としてお支払いいただくことになります。
被害を最小限にとどめるよう、次の方法で漏水の早期発見をお願いします。 

漏水の発見方法

 まず、宅地内のすべての蛇口が閉まっているかを確認します。その状態で水道メーターのパイロット(めもり左下の銀色のコマ。)を見ます。

 パイロットがほんの少しでも回っている場合は、メーターから宅地内の蛇口までのどこかで水漏れしています(マンション等の遠隔式メーターの場合、水漏れしていればカウンター右端の数字が次々に変化します。)

 このような現象が見られた場合は、至急お近くの岸和田市指定給水装置工事事業者に修理をご依頼ください(メーターから宅地内の配管修理費はお客さま負担となります。
 岸和田市指定給水装置工事事業者一覧表はこちらをクリック

漏水の発見方法。マンションのメータは右端の数字がくるくる回り

このようなことはありませんか? 

 パイロットで水漏れしていることが確認されたら、水道の設備の故障や地面などから水がにじみ出ていないかを点検してください。

  • 水洗トイレの水漏れ(ロータンクから水があふれている、便器内で絶えず水が流れている、など。)
  • 蛇口からの水漏れ(水切れが悪い。)
  • 敷地内での水漏れ(地面から水がにじみでている。)
  • 床下からの水漏れ(循環式システム風呂や水槽など、床下の接続部分から異常な出水音がする。)
水漏れチェックポイント