ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

避難所開設訓練に参加しました

印刷用ページを表示する 2015年3月27日掲載

2月2日、地域の方々や各種団体、市役所各部局とともに実施した避難所開設訓練に参加しました。 

想定被害

午前7時30分、震度7の地震が発生したことにより流木配水場などのポンプが停止し、岸和田市内の広範囲にわたって断水が発生した。

給水タンクの積み込み

すぐに上下水道局は6名の職員を配備。トラックに給水タンクを積み込み、応急給水の要請に備えるため準備に取りかかりました。

この給水タンクには1.5トン(1,500リットル)の飲料水を入れることができます。

 クレーンで吊り上げる給水タンク  クレーンで吊り上げる給水タンク

給水タンクをトラックの2台に固定   給水タンクをトラックの荷台に固定

市内を通る大阪広域水道企業団の太く頑丈な送水管には、あんしん給水栓が備え付けられています。
あんしん給水栓は被害を免れたという想定のもと、給水タンクに飲料水を入れるため、幹線道路を通って移動を開始しました。 

飲料水のくみ上げ

あんしん給水栓の開閉は危険を伴う作業です。

天神山町のあんしん給水栓に到着後、交通誘導、坑内酸素量の確認、水質検査、タンクの洗浄など様々な作業を経て給水タンクに飲料水をくみ上げます。

 交通整理を行いながらの開閉栓作業  交通整理を行いながらの開閉栓作業

 坑内作業の様子  坑内作業の様子

給水タンクへのくみ上げ  給水タンクへのくみ上げ

待機・出動

応急給水の要請があるまで、流木浄水場で待機しました。

間もなく応急給水要請の無線連絡を受信し、避難所である修斉小学校へ向かって出動しました。

 応急給水要請を無線で受信  応急給水要請を無線で受信

 流木浄水場からの出動  流木浄水場からの出動

応急給水

修斉小学校にはすでに避難所が開設され、それぞれの立場の方が訓練を行っておられました。

避難所(修斉小学校)に到着  避難所(修斉小学校)に到着

訓練を行う地域や各種団体の方々  訓練を行う地域や各種団体の方々

上下水道局は到着後、避難所の方々と協力して飲料水を運びやすいようポリタンクに移し替えます。

大規模な災害によって長期断水した場合は、この飲料水が食事や水分補給のために必要な命の源となります。

 応急給水の様子  応急給水の様子

検討会議

応急給水完了後は検討会議を開き、一連の行動に問題がなかったかを振り返り、いくつかの課題を確認することができました。

 検討会議の様子  検討会議の様子

炊き出し・パンフレット配布

地域の方々が運び込んだ飲料水を用いて豚汁の炊き出しを行ってくださり、備蓄されていたアルファ化米とともに参加者に配られました。

  地域の方々による炊き出し  地域の方々による炊き出し

 上下水道局からはパンフレットを配布し、事業へのご理解をお願いしました。

パンフレットなどの配布  パンフレット等の配布

今後も課題解決を図りながら訓練を積み重ね、有事にも最善の対応ができるよう取り組んでまいります。

関連情報