ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

歴史的景観の保全

印刷用ページを表示する 2017年3月15日掲載

歴史的まちなみの保全

岸和田城の西側に位置する本町地区は、紀州街道を中心に本瓦葺き・中二階・出格子で構成される建築物が数多く残っており、かつての城下町としての趣きを保っています。

この本町地区を平成5年に、歴史的まちなみ保全地区に指定するとともに、歴史的に趣きのある建築物を歴史的景観建築物として35件指定しました。

本町地区保全計画

本町地区のまちなみは、岸和田市の歴史的まちなみ景観の象徴としての性格を持っており市民共有の財産ですが、新しい建築様式が次第に入り込み、徐々にまちなみ景観が変容しつつあります。

伝統的建築物を保全し、修景し、岸和田らしいまちなみとして保存していくため、本町地区保全計画を策定しました。

本町地区保全計画 [PDFファイル/887KB]

歴史的景観保全の施策

歴史的なまちなみを保全・活用し、良好な市街地を形成するため、地区内で行われる団体活動や建築等の行為を支援しています。

詳しくはこちら

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)