ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 都市計画課 > 本町地区における家屋修景に関する手続き

本町地区における家屋修景に関する手続き

印刷用ページを表示する 2015年4月1日掲載

歴史的まちなみを守るための家屋修景への支援

本町のまちなみ

 本町地区における歴史的なまちなみの保全を推進するため、まちなみと調和した家屋修景への協議を行っています。

協議の対象となる地区

歴史的まちなみ保全地区

 かつての城下町としての趣きを保っている本町地区を“歴史的まちなみ保全地区”に指定しています。

 この地区内で次の行為をされる際には、その内容を“歴史的まちなみ保全地区における行為の申出書”を提出いただき、歴史的まちなみ保全に向けた協議を行っています。

協議の対象となる行為

  • 建築物等の新築、増築、改築、移転又は除去
  • 建築物等の外観を変更することとなる修繕、修景、模様替え又は色彩若しくは材質の変更
  • 宅地の造成その他土地の区画形質の変更
  • 木竹の伐採又は土石類の採取

 ご予定のある方は、都市計画課窓口までご相談ください。

手続きの流れ

手続きの流れ

*一部の範囲で助成を行っています。
*建築物等の修理・修景基準、助成の範囲・基準に関する資料等は都市計画課窓口で配布しています。

「行為の申出」書式

 歴史的まちなみ保全地区における行為の届出書 [PDFファイル/66KB]
 歴史的まちなみ保全地区における行為の届出書 [Wordファイル/50KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)