ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 都市計画課 > あなたの広告物は安全ですか?

あなたの広告物は安全ですか?

印刷用ページを表示する 2019年8月13日掲載

屋外広告物には適正な管理が必要です

屋外広告物は時間の経過とともに、日差しや雨露、風等にさらされ、腐食や劣化が進んでいます。

屋外広告物の安全管理を怠っていると、落下や倒壊などにより人々の生命や財産を奪いかねない重大な事故が発生する可能性があり、広告物の所有者や管理者等社会的な信頼喪失と、賠償責任を問われる場合があります。

特にこれからの季節、台風などの自然災害により、思わぬ亀裂や損傷ができる場合があります。

屋外広告物の定期的な安全点検と、災害時の安全確認にご理解とご協力をお願いします。

ちらし

屋外広告物安全管理チラシ [PDFファイル/616KB]

日常から点検を行い、安全管理に努めましょう。

■屋外広告物の所有者、管理者などは、良好な状態を保持する管理義務があります。

■事故が発生した場合、管理責任や賠償責任を問われる可能性があります。

■定期的に点検を行うことで、大規模修繕による多額の費用を抑えることができます。

■少しでも危険だと感じたら、屋外広告に関する有資格者や専門業者の点検を受けましょう。

※大阪府屋外広告物条例では広告物の継続許可申請の際、4mを超える広告物については必ず「安全点検結果報告書」の提出を求めています。

事業者様はご注意を!

自然災害等による屋外広告物の落下事故が発生しており、全国的に安全性の確保が問題となっております。

屋外広告物の安全対策を推進するためには、事業者様による適切な点検が必要不可欠です。

適正管理・安全対策については「オーナーさんのための看板の安全管理ガイドブック」をご確認ください。

オーナーさんのための看板の安全管理ガイドブック

屋外広告物掲出には許可が必要です!

■市内で、屋外広告物の掲出する際は、大阪府屋外広告物条例に基づく広告物の許可が必要です。

■一般的な広告板、広告塔等であれば許可日より2年間有効となり、引き続き掲出する場合は継続許可申請が必要です。

許可が必要な広告物

屋外広告物の例 図出典:屋外広告物のてびき(大阪府) [PDFファイル/1.19MB]

常時又は一定の期間継続して屋外で公衆に対して表示、設置される広告物は許可が必要です。

内容として、商業広告など営利目的のものはもちろん、個人名や事務所名の表示など公衆に宣伝するものも含まれます。


※規制を受けない広告物の例

  • 合計7平方メートル以内の自家用広告物
  • 公共上やむを得ないもの
  • 冠婚葬祭又は祭礼のため一時的に表示するもの

違法掲出は処罰等の対象になりますのでご注意ください。

 大阪府屋外広告物条例に違反して屋外広告物を掲出したときは簡易除却、社名等の公表、刑事罰の措置を講じる場合があります。

参考ページ

屋外広告物について

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)