ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

八大竜王社

印刷用ページを表示する 2009年3月3日掲載

八大竜王社の外観写真

 和泉葛城山頂に鎮座する社。葛城修験の一霊場として、また、雨乞いの神として信仰を集め、江戸時代には歴代岸和田藩主が旱魃の年にたびたび当社に祈願しました。山麓の塔原・相川・蕎原・木積・河合五ケ村は当社の氏子として維持管理や神事を担当し、雨乞いや降雨に感謝する雨礼のために奉納した葛城踊りは、一時廃絶していたものの、昭和30年、塔原町によって復興され、今も毎年8月14日、塔原町の弥勒寺境内にて催されており、平成5年に大阪府無形民俗文化財に指定されています。また、当社付近のブナ林は国の天然記念物です。

交通 南海本線岸和田駅下車、南海ウイングバス牛滝山行きで、牛滝山下車徒歩60分(和泉葛城山頂)