ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 観光課 > 意賀美神社・雨降りの滝

意賀美神社・雨降りの滝

印刷用ページを表示する 2009年3月3日掲載

意賀美神社・雨降りの滝の写真

 陽成天皇が、元慶8年(884) 大かんばつのとき、菅原道真に降雨を祈らせたことから「雨降り大明神」とも呼ばれます。
社殿の前を流れる津田川の上流には滝があり、日照りには、この水をさらえて神前に祈ると、必ず雨が降ったことから「雨降りの滝」と呼ばれています。また、神社の森には、くすのき・やまももなど、約70種の暖帯樹が茂り、市の天然記念物となっています。
 雨降りの滝は、神殿前を流れる津田川の上手にある滝を言います。また、滝と緑の景観が素晴らしく、大阪府の「みどりの百選」の一つに選ばれています。

住所 大阪府岸和田市土生滝町
交通 JR阪和線東岸和田駅下車、南海ウイングバス白原車庫行きで宮の台下車すぐ

意賀美神社の地図