ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保育課 > 病児保育事業のご案内

病児保育事業のご案内

印刷用ページを表示する 2016年3月8日掲載

病児保育事業

病児保育事業とは?

子育てと就労の両立支援の一環として、保育所等に通っている児童が「病気の回復期に至らないが症状の急変が認められない場合」において、集団保育が困難な時期に一時的にお子さんを専用施設でお預かりする事業です。

 利用できるとき

(1)保護者が就労・通学・通院・看護・介護・入院等で家庭における保育が困難な場合

(2)お子さんの病気の症状が「病気の回復期に至らないが症状の急変が認められない場合」において、集団保育が困難な場合

  例えば、

  • 日常的な疾患(感冒、消化不良症等)⇒急性期以降
  • 感染性疾患(麻疹、水痘、風疹等)⇒急性期以降
  • 慢性疾患(喘息)⇒発作等がおさまった以降
  • 外傷性疾患(熱傷等)⇒症状が固定した以降 

対象児童の年齢  

  市内に居住している生後57日から小学校3年生までの児童

利用施設

らっこ病児保育室 (あぶみ小児科クリニック内)  岸和田市下松町1-3-9    電話072-439-0041

東光みやまえ病児室                   岸和田市宮前町24-5 2F  電話072-440-0038

利用期間及び時間

月曜日~金曜日 (土日、祝祭日、年末年始は休所です)

午前7時30分から午後7時

利用料は1日2000円です。

東光みやまえ病児室は基本的に医師が常駐する施設ではありませんが医師と連携を行っています。

らっこ病児保育室は、金曜日は16時以降医師が不在となるため、なるべく早いお迎えにご協力お願いします。(特に、乳児・高熱時・喘息・過去も含む熱性けいれんのある病児)

利用定員

1日に9名程度です。当日及び前日に空き等を確認ください。

病状の種類により、日によってお断りする場合があります。ご理解ください。

利用されるには

事前に「利用登録票(様式第1号)」を保育課・東光みやまえ病児室・東光こども園・らっこ病児保育室のいずれかへ提出してください。(利用登録は毎年必要です。1回登録をすると両方の施設が利用できます。)

  「利用登録票」は岸和田市HPでも取り出せます。各施設にもございます。

  岸和田市病児保育事業利用登録票 [PDFファイル/55KB] 

※  利用するには予約が必要です。

 基本的には前日予約でお願いしておりますが、当日でも可能です。 空き情報等は電話にて確認ください。

のあぶみ小児科クリニック診療時間内に、らっこ病児保育室(072‐439-0041)へ。つながらない場合はあぶみ小児科クリニック(072-439-0031)に申し込みください。

東光みやまえ病児室:072-440-0038 つながらない場合は、東光こども園(072-429-1050)までご連絡ください。

※  利用当日に「意見書」「利用申込書」を提出いただきます。

    岸和田市病児保育事業利用意見書 [PDFファイル/42KB]

   らっこ病児保育室は、入室前に診察があり、連日利用でも毎朝診察が必要です。(別途診察料が必要です。)

持ち物

・着替え(3着くらい):下着等 ・フェイスタオル(3枚くらい) ・汚れ物入れ(ビニール袋等2枚程度)

・お弁当 昼食・お茶・おやつ(レトルトフード・ベビーフード可)・バスタオル2枚

 基本、昼食は持参ですが保育室で用意の場合は別途費用を頂きます。

(要予約になります。アレルギー対応は出来ません。東光こども園・東光みやまえ乳児室をご利用の園児には給食等は提供致しますが、要予約になります。施設都合で対応出来ない場合もございますのでご理解ください。)

 乳児の方は、粉ミルク・紙おむつ(必要枚数)・哺乳瓶・エプロン ・おしり拭き等、その他必要なもの。

・高熱時は冷えピタ等 ・持ち物には全てにお名前を記入して下さい。

 着替え(2着くらい)・下着等 持ち物には全てに、お名前を記入してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)