ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 子育て給付課 > 子ども・ひとり親家庭医療費助成制度の一部を変更しました

子ども・ひとり親家庭医療費助成制度の一部を変更しました

印刷用ページを表示する 2018年4月1日掲載

子ども医療、ひとり親家庭医療は、平成30年4月1日に大阪府の福祉医療費助成制度再構築(制度内容の変更)により、以下のように変更となりました

主な変更点について

子ども医療・ひとり親家庭医療共通

 ・訪問看護ステーションが行う訪問看護(医療保険分)について助成対象に

 ・精神病床への入院は助成対象外に(制度改正前より福祉医療の助成を受けていた方で、継続して同じ医療を受けている方については平成33年3月31日までは助成対象になります。)

ひとり親家庭医療のみ

 ・父または母が配偶者からのDVで裁判所より保護命令を受けている方については助成対象に(児童扶養手当受給資格に準ずる)

子ども・ひとり親家庭医療証をお持ちの皆さんへ(現在受給者及びこれから受給者になる方へ)

医療機関で、小児慢性特定疾患、育成医療、難病等、国の公費負担制度を受給できる疾患であると言われた方は、そちらの医療制度を優先してご利用いただきますようお願いします。