ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康推進課(保健センター) > 子宮頸がん予防ワクチン接種勧奨の一時中止のお知らせ

子宮頸がん予防ワクチン接種勧奨の一時中止のお知らせ

印刷用ページを表示する 2013年6月14日掲載

子宮頸がん予防ワクチン接種勧奨の一時中止のお知らせ

子宮頸がん予防ワクチン接種後に、長引く痛み等の重い副反応の報告が相次ぎ、国は6月14日、接種を積極的に勧めないとの通知を出しました。
副反応とワクチンとの因果関係はまだわかっていません。接種にあたっては、効果と副反応を十分に知っていただき、受けるか否かをご判断ください。

接種後に長引く体調不良がある場合は、医師や保健センターにご相談ください。

子宮頸がん予防ワクチンの効果と副反応

効果:子宮頸がんの50~70%の原因となる2種類のウイルスを予防

副反応:接種部分の痛み、腫れ、痒み、疲労感、腹痛、頭痛、発熱、じんま疹、めまい、しびれ、脱力、手足の痛み、筋肉のこわばり、下痢、嘔吐、失神、リンパ節の炎症、筋肉痛、関節痛、身体の広範囲に及ぶ長引く強い痛み等


積極的に接種勧奨を再開する時期については現在未定ですが、厚生労働省から情報がはいり次第、ホームページや広報紙でお知らせをする予定です。

 厚生労働省ホームページで子宮頸がん予防ワクチンに関する情報が掲載されています。http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/