ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康推進課(保健センター) > 大人の風しんワクチン等予防接種費用を助成します

大人の風しんワクチン等予防接種費用を助成します

印刷用ページを表示する 2017年6月1日掲載

 風しんは感染力が強く、1人の患者から免疫がない 5~7人に感染させる可能性があり(インフルエンザでは 1~2人)、特に成人で発症した場合、高熱や発しんが長く続いたり、関節痛を認めるなど、小児より重症化することがあります。また、脳炎や血小板減少性紫斑病を合併するなど、入院加療を要することもあり、決して軽視はできない疾患です。風しんは、風しんウイルスを含んだ飛まつ(咳やくしゃみ、会話などで飛び散るしぶき)を吸い込んで感染します。

 妊娠中の女性(特に20週まで)が風しんに感染すると、おなかの中の赤ちゃんが風しんウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、そして精神や身体の発達の遅れ等の障害をもって生まれてくる可能性があります。これらの障害を先天性風しん症候群といいます。また、妊娠初期に風しんウィルスに感染すると流産につながることもあります。

 お母さんと赤ちゃんの健康を守るため、助成期間中、対象者1人1回のみ風しん単独ワクチンまたは麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)を無料で接種できます。風しんの発症予防にはワクチン接種が極めて有効です。

対象者

接種日当日岸和田市の住民基本台帳に記載があり、風しん抗体検査の結果、抗体が十分でないと判定された、次の(1)~(3)のいずれかに該当する人

 (1)妊娠を希望する女性(現在妊娠中またはその可能性のある女性は除く。)

   ※ワクチン接種後2カ月は妊娠を避けてください。

  (2)妊娠を希望する女性の夫

 (3)妊娠している女性の夫

※「抗体が十分でない」とは、抗体検査の値がHI法で16倍以下、EIA法が8.0未満または国際単位(1)30IU/ml未満、国際単位(2)45IU/ml未満を言います。          

接種期限

平成30年3月31日まで

接種方法

岸和田市内の実施医療機関に予約し、本人確認書類(健康保険証、運転免許証など)、風しん抗体検査の結果を証明する書類を窓口で提示してください。
対象者(3)に該当する人は、母子健康手帳(子の保護者の「続柄(父)欄」に父の氏名が記入されているもの)を提示してください。

平成29年度岸和田市風しんワクチン等任意接種事業実施協力医療機関一覧 [PDFファイル/57KB]

未婚で未成年の人については、保護者が同伴してください。
保護者が同伴できない場合は、風しんワクチン等任意接種同意書が必要になります。
(予診票と同意書は、予約した医療機関で接種前に受け取り、保護者が署名したものをお持ちください。)

岸和田市風しんワクチン等任意接種同意書(保護者が同伴しない場合) [PDFファイル/158KB]

ワクチン

風しん単独ワクチンまたは麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)

接種費用

無料。ただし、岸和田市内の実施医療機関で接種した場合のみとなります。

※平成29年4月1日から平成30年3月31日までに岸和田市外の医療機関で全額自己負担で接種した場合は、費用を還付します。ただし、還付金額には上限があります。なお、還付手続きには領収書、ワクチンを接種したことがわかる書類(接種済証、予診票の写し等)、風しん抗体検査の結果を証明する書類、通帳、印鑑を持って保健センターへお越しください。また対象者(3)に該当する人は、母子健康手帳(子の保護者の「続柄(父)欄」に父の氏名が記入されているもの)を提示してください。還付申請の受付期限については原則、平成30年3月31日までです。

風しんワクチン等任意接種費用還付申請書兼請求書 [PDFファイル/75KB]

風しんワクチン等任意接種費用還付申請書兼請求書(記入例) [PDFファイル/80KB]

外部リンク

厚生労働省ホームページ(風しんについて)

大阪府ホームページ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)