ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康推進課(保健センター) > こころが元気になる講演会を実施しました

こころが元気になる講演会を実施しました

印刷用ページを表示する 2013年4月2日掲載

講演会「生きる力をつける処方箋」に221人の方が参加されました

  平成25年3月2日土曜日に、テレビでもおなじみの精神科医香山リカ氏による講演会「生きる力をつける処方箋~こころを大切にすることは人を大切にすることです」を実施しました。

 香山 リカ氏

 講演の中で、現代は、普通に暮らすだけで、肩に力が入ってしまう時代。そのような時代をうまく生き抜くためには、自分の点数を甘くする。私たちは、常に80点ぐらいを自分に求めてしまうが、65点主義でよい。私なりでよい、自分をねぎらうことが、自分を守るための一番の方法であり、できないことがあるのは当たり前。また嫌なこと、大変なことは、平等にみんなに起こる。そのため、今までの先輩たちが、何らかの対処方法を作ってくれている。現在では、色々な専門の窓口、専門家、患者会など、自ら足を運べば、解決できる問題がある。今の時代は、人に悩みを見せて、助けを求めることも大切。お互い様で、頼れる時は頼るということもよい。そして最後に、自分にゆとりができたら、周りの悩んでいる人に声をかけて欲しいと締めくくられました。

参加者からは、ゆっくりすることが、さぼっているように思っていましたが、少し考え方を変えてみます。(30歳代女性)ものの見方、考え方の大切さが良くわかり、勉強になりました。今後の生き方に是非生かしていきたいと痛感しました。(60歳代女性)わかりやすい講演でよかったです。自分で自分を追い込まないことが必要という内容が心に留まりました。(50歳代男性)等たくさんの感想をいただきました。現代のストレス社会を生き抜く方法をたくさんの人に理解していただけたように思います。

心の健康作り