ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 福祉政策課 > 徘徊高齢者等見守りネットワーク

徘徊高齢者等見守りネットワーク

印刷用ページを表示する 2012年7月3日掲載

岸和田市徘徊高齢者等見守りネットワークについて

 このネットワークは市内に居住する認知高齢者等が、所在不明になったり、家に戻れなくなったりした場合などに、関係機関などの支援を得て早期に発見し、当該高齢者の安全とご家族への支援、またネットワークを通じて、認知症の理解を広めることを目的とします。

 高齢者等見守りネットワーク図 [Wordファイル/26KB]

1.事前登録をお勧めします

 徘徊等のおそれがある場合に、事前登録することにより、事前に家族等への説明を行うことができ、緊急時の対応(協力機関への情報発信)もより早く行うことができます。本人の同意が原則必要です。登録は福祉政策課にて行います(別紙1)。 

 事前登録していなくても、行方不明時には緊急として、当ネットワークを使い情報発信できます。

2.行方が分からなくなったとき

 警察へ行方不明の届けを出してください(岸和田警察署生活安全課 439-1234)。行方不明の受付(別紙2)をもらい、それを市役所福祉政策課に提出します(平日9時~17時半)。ただし、市役所閉庁時や、土日祝日、年末年始(12月29日~1月3日)の場合は、特別養護老人ホーム萬寿園(地図 [Wordファイル/85KB])に提出して下さい。そこで行方不明時の情報を聞き取り、協力機関等へ情報発信します。

3.情報発信について

 ファックス(同時一斉送信)を使って、協力機関等へ本人の情報を発信します(別紙3)。できるかぎり行方不明時の情報を明確に伝えてください。情報発信先は介護事業所、交通機関(タクシー等)、病院などです。

 平成27年1月よりメールでの情報発信を開始します。下記のQRコードから登録画面に移動できますので、ご協力をお願いします。

     PC・スマートフォン用          携帯用

パソコン・スマートフォン用    携帯電話用

http://www.city.kishiwada.osaka.jp/mailmaga/

こちらより登録ページに移動できます。

4.発見・保護した場合について

  関係協力機関が発見した場合は、岸和田警察に連絡します。行方不明届が出されていますので、警察から家族等へ連絡します。

5.発見・保護の連絡

 関係協力機関へ発見したことの情報を発信します(別紙4)。

 

 (別紙1)岸和田市高齢者等見守りネットワーク登録届 [Wordファイル/44KB]

 (別紙2)徘徊高齢者等の行方不明届について [Wordファイル/33KB]

 (別紙3)岸和田市徘徊高齢者等見守りネットワーク情報シート [Wordファイル/41KB]

 (別紙4)発見・保護の報告とお礼について [Wordファイル/29KB]

協力機関・協力員のみなさまへ

(1)行方不明の情報が「岸和田市徘徊高齢者等見守りネットワーク情報シート(別紙3)」やメールで届いたら、できる範囲で捜索にご協力お願 いします。

(2)「本人ではないか?」と思われる人を発見したら、ゆっくり声をかけてください。名前が分かっていたら名前を呼んでください。本人であることの確認ができたら、できるだけその場から離れないようにして、もしくは、安全な場所に移動して、警察へ連絡してください。

(3)発見された場合は、「発見・保護の報告とお礼(別紙4)」もしくは同内容のメールを発信します。すでに送っている捜索依頼はシュレッダー、メールは削除などにより処分してください。 

徘徊高齢者等見守りネットワークの協力機関への登録について

 行方不明者届を警察に出されると、福祉政策課(市役所閉庁時は委託先)から捜索の情報を協力機関等に一斉にファクス及びメールを送信します。受信後は可能な範囲で捜索したり、また外出時には注意してさい。発見された場合は、「発見・保護の報告とお礼(別紙4)」を発信します。

 まだ登録されていない事業所等は、このネットワークの協力機関として登録くださいますようお願いいたします。

 その際、下記申出書に記入の上、郵送もしくはファックスにて提出をお願いします(すでに登録していただいている事業所は提出の必要はありません)。

 岸和田市徘徊高齢者等見守りネットワーク協力機関、協力員登録申出書 [Wordファイル/35KB]

 また、登録された協力機関はホームページにて公表いたします。

 岸和田市高齢者等徘徊見守りネットワーク協力機関一覧 [Excelファイル/54KB]