ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 報道発表 5月12日、市立岸和田市民病院で産科の診療を再開しました

報道発表 5月12日、市立岸和田市民病院で産科の診療を再開しました

印刷用ページを表示する 2014年5月12日掲載

概要

平成26年5月12日(月曜日)、市立岸和田市民病院で、産科の診療(分娩含む)を再開しました。平成17年1月の休診からおよそ9年ぶりのこととなります。

昨年の婦人科での入院診療の再開に続き、市民病院における診療体制の一層の充実を図ります。

詳細

5月12日(月曜日)、岸和田市額原町にある市立岸和田市民病院において、産科の入院診療を再開しました。

市立岸和田市民病院の産科は、全国的な産婦人科医師不足の影響もあり、平成16年12月を最後に、分娩が途絶えていたもので、約9年ぶりの再開となります。

本市では、市立岸和田市民病院の産科が休診となって以降、産科を設置している医療機関が3機関と非常に少ない状況が続いていたため、市内における産婦人科診療体制の充実を課題として取り組み、昨年10月、常勤医師3名を配置し、産科の再開に向けて準備を進めてきたものです。

病床数は産科、婦人科併せて25床。常勤医師5名体制を組んで対応します。

出産を希望される場合は、産婦人科で予約し診察を受けたのち、分娩予約を取ることとなっており、里帰り出産などを希望される際には、妊娠中の経過が分かる資料などが必要です。

市長コメント

産科の再開は、本院はもちろん、市民の皆さんの長年の悲願であり再開できて非常に嬉しい。産科が無事軌道に乗るように全力を傾けたい。

【参考】市立岸和田市民病院について

  • 所在地:岸和田市額原町1001番地
  • 電話:072-445-1000(代表)
  • 院長:小切 匡史(こぎれ まさふみ)
  • 病床数:400床

本件に関する問合せ先

 市立岸和田市民病院 事務局 経営管理課 電話:072-445-1000(代表)