ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > インターネットテレビ「岸和田TV MODE~Vol.3~」レポート

インターネットテレビ「岸和田TV MODE~Vol.3~」レポート

印刷用ページを表示する 2019年11月1日掲載

岸和田テレビモードサムネイル画像

令和元年10月28日(月曜日)、インターネット上で岸和田の魅力を生配信しました。

アーカイブ動画をYouTubeの岸和田市公式チャンネルにアップロードしていますので、ぜひご覧ください。

内容(コーナー)

1.岸和田ブランド

2.みなとオアシス岸和田

3.きしわだ自然資料館

1.岸和田ブランド

 岸和田で作られた自慢の産品で、一定の基準をクリアしたものを「岸和田ブランド」として認定しています。昨年度までに21事業者、22品目が認定されています。

 今回は今年度、新たに認定された「泉州留河桐製米びつ」と「ステンレスアウターケーブル(自転車用)」をご紹介しました。  

・株式会社留河 「泉州留河桐製米びつ」

米びつの説明 株式会社留河代表取締役の留河昇さん

桐製留河米びつ 防虫効果のある桐製米びつ

 1合ずつ米を計量するための仕組みを作るのに苦労しました。実際にお米を量る実演を交えて、調湿効果により桐製米びつでお米を保管することの良さを紹介しました。岸和田市のふるさと寄附の返礼品としても人気があります。

 ・日泉ケーブル株式会社 「ステンレスアウターケーブル(自転車用)」

ケーブル(自転車用)説明 日泉ケーブル株式会社代表取締役の佐土谷昌良さん(左)とWARE HOUSEオーナーの片山剛士さん(右)

アウターケーブル(自転車用 カラフルな種類のステンレスケーブル(自転車用)

 自転車のブレーキ部分に使用されるカラフルなケーブル。しなやかで軽くブレーキの利きもよい。この「ステンレスアウターケーブル(自転車用)」を販売している自転車店WARE HOUSEオーナーの片山さんが、実際に自転車を使って、「ステンレスアウターケーブル」の良さを紹介しました。一人ひとりの個性に合わせ、良いものを求める自転車ファンに人気があります。

2.みなとオアシス岸和田

 平成31年4月14日、国土交通省による登録を受けた「みなとオアシス岸和田」を紹介しました。岸和田市の臨海部、「岸和田旧港地区と地蔵浜地区」の複数の施設の紹介や実施されたイベントや今後の展望についてお伺いしました。

 みなとオアシス岸和田説明  岸和田青年会議所 副理事長の木下博之さん(一番右)

みなとオアシス岸和田説明  「みなとオアシス岸和田」の概要

 令和元年7月の「みなとオアシス岸和田登録記念岸和田港まつり」のイベントに参画された公益社団法人 岸和田青年会議所副理事長の木下さんは、エリア内にある「アクアパーク」の建物のロックペイント鑑賞など来場者が増えることにより、市全体の活性化につなげていければと期待されていました。

 そのほか、10月に「クライミングウォール(カンカンウォール)」で実施した全国の小学生が参加した「カンカンカップ」や「大漁!親子まつり」、11月に開催予定の「第17回魚庭(なにわ)の海づくり大会」や「産業フェア」、毎週日曜日に開催している「地蔵浜みなとマルシェ」の紹介をしました。

3.きしわだ自然資料館

 岸和田を中心として泉州地域の自然に関する展示で子どもから大人まで楽しめる「きしわだ自然資料館」の施設案内や実施されている様々な事業について、紹介しました。

 下水道工事の途中で発見されたキシワダワニの骨格標本や動物の剥製の展示など見どころがいっぱいです。

キシワダワニ骨格標本自然資料館剥製

 また、ちりめんじゃこに混じっている小さなエビやイカ、稚魚など、まるで小さな怪獣のような姿かたちをしている「ちりめんモンスター」を探して図鑑で調べる取り組みが、「チリモン」の愛称で人気があります。

 11月16日から来年1月26日まで、特別展「タコの王国」が開催されます。

タコの王国ポスター

 アーカイブ

 生配信後の動画は、岸和田市公式YouTubeチャンネルにアップロードするので、みなさんの好きな時間、好きな場所で視聴していただけます。

岸和田 TV MODE Vol.3の視聴はこちら