ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > おいしい写真教室を開催しました!

おいしい写真教室を開催しました!

印刷用ページを表示する 2019年11月21日掲載

令和元年11月16日(土曜日)、おいしい写真教室を開催しました。

料理の写真をおしゃれに、美味しそうに撮りたいと思っている人や、おうちで作るごはんの盛り付け方に悩んでいる人に参加していただきました。

料理写真のプロであるフォトグラファーの大手仁志氏、盛り付けのプロであるフードスタイリストの川崎利栄氏、2人のプロがコツを伝授してくれました。

今回のワンプレートのメニュー・レシピはこちらからダウンロードしていただけます [PDFファイル/906KB]

料理写真のプロ 大手仁志氏

料理写真に重要なこだわりポイントを伝授。

講座を行う大手先生の様子

料理がおいしそうに見える光の入り方や、カメラのアングル(角度)、構図についてお話していただきました。

盛り付けのプロ 川崎利栄氏(岸和田市在住)

「高さを出したり、レタスの緑が多い所や白っぽい所を使うことで彩りをコントロールしてみてください」との号令で、思い思いにプレートに盛り付けていく参加者のみなさん。

盛り付けのアドバイスをする川崎先生

時々、悩んでは川崎先生の助言を求めたり、他の参加者と「ここどうしたらいいやろう…」と相談し合ったり、盛り付けを見て「きれい~!」といった声が飛び交っていました。

撮影のワンポイント

綺麗に盛り付けられたワンプレートでいざ撮影!と言いたいところですが、撮影にもワンポイント。

・色合いの違うの木目の天板(4種類)

3種類の色違いの天板 天板で雰囲気を演出できます。

※写真は3種類です。

・アクセントになるカラフルなランチョンマット等の布

様々な色、柄、大きさのランチョンマット 料理やお皿の雰囲気に合わせて、様々な大きさ、色、柄の布を敷きます。

・光を反射させるための2つ折りの色紙(100円均一ショップで購入できます)

レフ板代わりに100円均一ショップで買える色紙を使用 レフ板代わりに使います。写真がぐっと明るくなります。

下の写真は、ワンプレートのごはんと、それに使用した食材をただ机の上に置いた写真です。

机に置いただけの料理と食材

先ほどの3つのポイントを押さえ、構図などに気を付けながら「おいしそう」を演出すると、劇的に写真が変わりました。

天板の上にワンプレートや食材を並べた写真

撮影会

撮影についてアドバイスをする大手先生  参加者にアドバイスをする大手先生

大手先生からアドバイスを受けながら、アングル(角度)や構図にこだわって撮影します。

このとき、室内の電気(蛍光灯)は消して、窓からの光(自然光)のみで撮影しました。

ランチタイム

食べる直前には、「箸上げ写真」にも挑戦しました。

箸上げ写真に挑戦する参加者 料理に動きが出て、「食べる」を表現できるそうです。

このワンプレートごはん、なんと、お肉以外はすべて岸和田産の食材を使用したレシピなんです(ページ上部よりレシピをダウンロードできます)。

「おいしい!」や、コロッケを食べて「しいたけとさつまいもを掛け合わせる発想がなかった!」など、川崎先生のお料理に舌鼓。

講評

ランチの後、参加者のみなさんがインスタグラムに投稿してくださったお料理を大手先生に講評していただきました。

参加者が投稿したワンプレートの写真 参加者のみなさんがインスタグラムに投稿してくださった写真です。

構図やアングル、ランチョンマットの雰囲気など、一つ一つ丁寧にアドバイスいただきました。

写真をワンランクアップするコツを伝授された参加者のみなさん、ぜひ、「岸和田のええとこ」をたくさん撮ってSNSに投稿してくださいね。

岸和田市公式インスタグラム

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)