ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 報道発表 企画展『よみがえる甲冑、かがやく刀剣』開催中

報道発表 企画展『よみがえる甲冑、かがやく刀剣』開催中

印刷用ページを表示する 2018年3月19日掲載

概要

6月10日(日曜日)まで、岸和田城天守閣で、企画展「よみがえる甲冑、かがやく刀剣」を開催しています。岸和田藩ゆかりの甲冑、刀剣を中心に約20点を展示し、鎌倉時代から江戸時代にかけての本市の歴史に触れていただく機会とします。

詳細

岸和田は城下町であったため、岸和田藩ゆかりの資料が多く残っています。今回の企画展では、本市所管の資料(寄託資料を含む)のうち、甲冑・刀剣を中心に紹介しています。

特に、「短刀 附 銀沃懸地合口拵(銘 来国俊)」(たんとう つけたり ぎんいかけじあいくちこしらえ(めい らいくにとし))は、昨年ご寄附いただき初の展示となっています。この刀剣の目貫は、「牡丹獅子容彫金目貫」(ぼたんししかたちぼりきんめぬき)といい、岡部家伝来のものとされています。

また、鐔や小柄は、実用的な使用以外に、美術品としても鑑賞されていました。そのため、金工技術に優れ、繊細な彫りが美しいものとなっています。

他にも、江戸時代に描かれた甲冑の着付けマニュアル「甲冑着用図解」も展示し、当時の甲冑の着用方法が伺える内容となっています。

開催期間

2月21日(水曜日)~6月10日(日曜日)

※ 月曜日休館(但し4月2日、9日、30日は開場します)

開場時間

午前10時~午後5時(入場は午後4時まで) 

会場

岸和田城天守閣2階展示室(岸城町)

入場料

300円(中学生以下無料)

※ 自然資料館、だんじり会館もあわせて見学される場合は、3館共通入場券(700円、購入日から1ヵ月間有効)がお得です。

資料

展示の出品目録 [Wordファイル/26KB]

写真

甲冑が展示されている写真です 2人の後姿の女性が甲冑を見ている写真です

甲冑を見ている2人の女性の写真です 女性が展示された刀を覗き込んでいる写真です

問合せ

郷土文化室(電話:072-423-9689)