ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 報道発表 ツバメの絵本の原画展・つばめのハティハティ―箕輪義隆の鳥絵展・6月3日から開催

報道発表 ツバメの絵本の原画展・つばめのハティハティ―箕輪義隆の鳥絵展・6月3日から開催

印刷用ページを表示する 2017年6月5日掲載

概要

きしわだ自然資料館(岸和田市堺町6-5)は、6月3日から7月8日まで、企画展「つばめのハティハティ~箕輪義隆の鳥絵展」を開催します。日本の鳥図鑑のほとんどの絵に携わる画家、箕輪義隆氏の原画展は関西初開催です。

展示は、絵本「つばめのハティハティ」(日本初公開)を中心に、図鑑の原画、ラフスケッチなど約50点。また、箕輪氏の鳥仲間である絵本作家、高橋和枝氏の絵本原画も展示。6月3日13時30分からは、箕輪義隆氏によるミュージアムトークを開催。

参加者には箕輪氏の原画入りポストカードをプレゼント。入場無料。

詳細

絵本「ツバメのハティハティ(アリス館)」は、インドネシア語で「気をつけて」という意味の名をもつ男の子ツバメ「ハティハティ」の旅と子育てを描いた物語。親しみやすい物語形式とリアルな描写で読みやすく、ツバメの生態を知るのに最適な書籍です。

6月3日(土曜日)の午後1時30分から午後4時30分には、箕輪義隆氏によるミュージアムトークを開催(参加費無料)。翌6月4日(日曜日)の10時30分~12時、13時~14時30分には、きしわだ自然資料館近くの城下町を歩きながらツバメの巣を探す「城下町ツバメめぐり」を開催します(4日は先着15名。費用ひとり50円)。 期間中、箕輪義隆氏のツバメの原画のぬり絵コーナーがあります。自由にぬり絵を楽しんでください。また、展示見学者を対象に、ツバメについてよくわかるリーフレットも無料配布します。

期間

2017年6月3日(土曜日)~7月8日(土曜日)10時00分~17時00分(入館は16時00分まで)

期間中の休館日:毎週月曜日および6月30日(金曜日)

場所

きしわだ自然資料館1階ホール(堺町6-5 南海本線岸和田駅から徒歩15分)

料金

企画展のみ無料(2~3階の常設展示見学は高校生以上200円)
4歳以下の幼児の入館は、保護者同伴でお願いします。

主催

きしわだ自然資料館

資料

企画展「つばめのハティハティ」のチラシ [PDFファイル/7.47MB]

本件に関する問合せ先

自然資料館(電話:072-423-8100)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)