ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > セレッソ大阪市民応援デーを開催しました

セレッソ大阪市民応援デーを開催しました

印刷用ページを表示する 2017年5月8日掲載

 4月30日(日曜日)、セレッソ大阪と協働して岸和田市民応援デーを開催しました。

応援デーは、シティセールスの取り組みの一つとして実施したもので、岸和田市はスタジアム周辺にブースを出展し、市のPRを行いました。

 当日は晴天で、最高気温も25度と、まさにサッカー日和。休日ということもあり、スタジアムはユニフォーム姿で観戦を楽しみにしている人たちで溢れていました。

セレッソサポーターの様子

 また、この日は、信貴市長、岸和田市CEOのちきりくんが応援に駆けつけ、サポーターたちを盛り上げました。

市長とちきりくん

 ちきりくんは、たくさんの人に「かわいい~!」「頭がお城になってる!」と声をかけられ、かっこよくポーズを決めて写真撮影に応じていました。

子どもたちとちきりくん セレッソサポーターとちきりくん

 信貴市長は開始前の挨拶で「トップとの勝ち点差はたったの6。今日の川崎戦に勝利し、この勝ち点を縮めてくれると信じています!」とセレッソイレブンを激励しました。

ピッチに立つ市長とちきりくん

 キックオフ直前には、4月号の広報紙などで募集したフラッグベアラーに、岸和田市の小学4年生と6年生のグループ計8人が参加。

市内の小学生と市長

2万5千人以上の観客に囲まれ、緊張した面持ちながら、市のPRにひと役買ってくれました。

フラッグを持っている様子 真ん中の白い旗を持っているのが市内の小学生

 この日の試合は、市民の応援もあって、セレッソ大阪が2対0で川崎フロンターレを下しました。現在の順位は5位。

市長の激励どおり、トップとの勝ち点差を3に縮めました。この勢いのまま、J1優勝を飾ってほしいですね。

引き続き、岸和田からもセレッソ大阪を盛り上げましょう!