ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 報道発表 消防協力者に感謝状を贈呈しました

報道発表 消防協力者に感謝状を贈呈しました

印刷用ページを表示する 2017年1月25日掲載

概要

平成28年12月に岸和田市南町で発生した建物火災で救出・消火活動などを行い、被害の軽減に貢献してくださった2人に対し、1月21日(土曜日)、市消防本部で感謝状を贈呈しました。

詳細

平成28年12月に南町で発生した建物火災で救出・消火活動などを行い、被害の軽減に貢献してくださった2人に対し、1月21日(土曜日)、市消防本部で感謝状を贈呈しました。

消防長から表彰状の贈呈を受けたのは、南町に住む久住善彦さんと久住早紀さん親子です。

平成28年12月26日(月曜日)の午前3時26分に、卒業レポートの勉強をしていた大学4回生の久住早紀さんが屋外の異音からいち早く火災発生に気付きました。火元は、隣家の1階でした。

その後、就寝中だった久住善彦さんが、通報依頼や初期消火、近隣住民への火災発生の周知などを行い、早紀さんは車イスの被災者の救出など、迅速な対応を行いました。

付近は旧家屋が並ぶ密集地でこの協力がなければ、甚大な被害が出ていた可能性がありました。

久住善彦さんは「煙が窓のサッシの隙間から自宅に入ってきたこと、火が大きくなるのがあれほど早いことにはびっくりしました。けが人がいなくて本当によかったです。今でもストーブなどを見るとその時のことを思い出します。火災には気を付けたい」と火の恐ろしさなどを話してくれました。

久住早紀さんは「その場ではパニックになって無我夢中でした。駆けつけてきてくれた周りの人にも聞きながらしましたが、怖かったです」と話してくれました。

消防長は「深夜の火災は就寝中で気が付かないため、発見が遅れて被害が大きくなることが多いです。5分気付くのが遅くなっていたら、もっと被害は大きくなっていたと思います。迅速、的確、果敢で勇気ある行動で、被害拡大防止にご協力いただき本当にありがとうございます」と感謝を述べました 

感謝状受賞者

久住善彦さん

久住早紀さん

写真

左から消防長、感謝状を持った笑顔の贈呈者2人、副消防署長の写真です 消防長室で消防長が感謝状を読み上げていて、その前に感謝状贈呈者2人が立っている写真です

消防長が感謝状を手渡し、受賞者が受け取っている写真です 受賞者に、消防長が感謝状を手渡している写真です

本件に関する問合せ先

消防本部総務課 電話:072-426-8603