ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 11月6日(日曜日)のイベントにブース出展しました

11月6日(日曜日)のイベントにブース出展しました

印刷用ページを表示する 2016年11月18日掲載

 11月6日(日曜日)、浪切ホール祭りの広場で不動産フェアに、夕方からはキンチョウスタジアムでのセレッソ大阪岸和田市民デーで、シティセールスのブースを出展しました。

不動産フェア

 宅建協会泉州支部と泉州地域の自治体がタッグを組み、不動産の無料一般相談や、まちの活性化に繋がるPRを行うこのイベントには、泉州地域(7市4町)のゆるキャラが大集合しました。

 ゆるキャラたちは応援している自治体を一生懸命アピールしていました。

 ゆるキャラが集まっている様子

 岸和田市からはちきりくんが登場し、子どもたちからの歓声にちきりくんはちょっぴり恥ずかしそうにしていました。

 子どもたちに手を振るちきりくん

 また、岸和田市のブースでは岸和田市オリジナル年賀状を販売しました。

ちきりくんがデザインされた年賀状は、「かわいい!」とみなさんに大好評でした。

岸和田市オリジナル年賀状について

 オリジナル年賀状の次回の販売は11月19日(土曜日)午前10時から午後3時までのコープフェスタ(場所:浪切ホール1階祭りの広場)でも販売します。これが最後の販売です。

 詳しくはこちらhttps://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/3/20161031.html

セレッソ大阪岸和田市民デー

 夕方からは、キンチョウスタジアム(大阪市東住吉区)でセレッソ大阪岸和田市民デーを開催しました。

 これは市のシティセールスの取り組みの一つで、セレッソ大阪と一緒に、地域を盛り上げようとする試みです。

 ここにもちきりくんが駆けつけ、セレッソ大阪のサポーターたちと写真を撮ったりして、岸和田市のPR活動をしました。

 信貴市長は挨拶で「セレッソの選手たちが華麗にゴールを奪い取ってくれることを期待しています!」と、セレッソ大阪を激励しました。

 挨拶をする市長とちきりくん

 試合開始直前には、岸城中学校サッカー部の2年生8人がフラッグベアラーとなり、セレッソ大阪が実施している「CO2ゼロチャレンジ」の旗を掲げて入場しました。

中学生たちはやや緊張した面持ちでしたが、しっかりと役割を果たしてくれました。

 フラッグを持つ岸城中学校サッカー部の2年生

 この日の試合は、岸和田市民の応援もあり、セレッソ大阪が勝利を収めました。

 ピッチに整列する選手たち

 シティセールスでは今後も市内外のイベントに出向き、岸和田市をPRしていきます。