ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 報道発表 市立産業高等学校の商品開発クラブが泉だこを使った商品“第2弾”を開発しました

報道発表 市立産業高等学校の商品開発クラブが泉だこを使った商品“第2弾”を開発しました

印刷用ページを表示する 2016年10月21日掲載

概要

市立産業高等学校の商品開発クラブが、岸和田の海産物「泉だこ」を使って出店・販売した天丼とおにぎりに続く第2弾、「泉だこ」を使った天ぷらを開発しました。

10月23日(日曜日)開催の「第14回 魚庭(なにわ)の海づくり大会」に出店・販売をします。

詳細

岸和田市内の漁港における漁獲高は大阪府内で最も多いが、ほとんどの魚が関東地方へ出荷されています。その中でも、平成22年4月に地域商標登録を認められ、地元漁連や蛸地蔵商店街などがPRしている「泉だこ」に商品開発クラブは注目しました。

第1弾として「泉だこ天丼」を開発・販売しましたが、購入者の声や意見をふまえ、今後の継続出店を見越し、新商品「泉だこ天」を開発しました。

泉だこ天は、泉だこの柔らかさを活かしつつ、イベント出店時の他店メニューとの差別化、露天営業における制約を考慮し、衣の揚げ方や泉だこの大きさについても見直しを図り、泉だこをよりおいしく味わう事が出来る方法をこの商品で示したいという想いで模索しました。また、購入者が数種類の味付けを選べるようにしたこともこだわりの1つです。

1.商品について

天ぷらの衣にマヨネーズを混ぜ込むことで、泉だこの甘みとの相乗効果を生んだ。また、味付けを5種類用意し、購入者が選べるようにしたことで、幅広い顧客層をターゲットとしています。うま塩ドレッシングやだし醤油、おろしポン酢味には、シャキッとした青ネギをトッピングすることで、さっぱりとした味わいを実現。女性や高齢者層をターゲットとしました。子供でも気軽に食べることができるようにタルタルソース味、辛めの味付けを好むお父さん世代にはカレー塩を設定。1種類と言わず色々な味付けで楽しんでいただくことを期待しています。

販売価格 1皿500円

2.魚庭(なにわ)の海づくり大会について

日時 10月23日(日曜日)午前10時~午後3時
場所 岸和田市立浪切ホール祭りの広場(岸和田市港緑町1-1)
主催 魚庭の海づくり実行委員会(大阪府・大阪府漁業協同組合連合会・地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所)

資料

なにわの海づくり大会チラシ [PDFファイル/1MB]

本件に関する問合せ先

産業高校学務課(電話:072-422-4861)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)