ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 報道発表 ケースファイルの誤廃棄について

報道発表 ケースファイルの誤廃棄について

印刷用ページを表示する 2016年6月14日掲載

概要

生活福祉課において、2世帯分のケースファイル2冊を誤廃棄していることが判明しました。

詳細

経過

平成27年度当初、ケースファイルの所在が不明となっていました。その後、課内書庫等を捜索し、ケースファイルの全件を点検したところ、昨年11月8日時点で2件の所在が不明であることが判明しました。

その後も再三捜索を行うとともに、歴代の担当ケースワーカーから聞き取り調査を行ったところ、当該書類は外部に持ち出す書類ではなく、担当ケースワーカーも持ち出しをしていないことから、平成25年度に実施した廃棄処分の際に誤って裁断した後、廃棄処理した可能性が高いことが判明しました。

事故後の対応

再三の捜索で発見できなかったため、6月6日・10日に対象の世帯を個別に訪問し、事情を説明したうえでお詫びをし、ご了承いただきました。また、ケースファイルの再生をするため、聞き取り調査等を実施しました。

再発防止について

今後はケースファイルの所在確認を頻繁に行うとともに、廃棄処分を行う際には複数名での点検を行ったうえ、作業実施をしてまいります。また、研修などにより個人情報に関する意識をより一層高め、公文書の誤廃棄等紛失事故の再発防止に取り組みます。

※ ケースファイル:住所・氏名・年齢、保護申請に至った状況、生活等の状況や資産・収入状況、その他相談内容等の記載簿 

 本件に関する問合せ先

生活福祉課(電話:072-423-9470)