ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 報道発表 「ブルガリアからの香りプロジェクト」バラの谷を目指して小学生などが植樹をしました

報道発表 「ブルガリアからの香りプロジェクト」バラの谷を目指して小学生などが植樹をしました

印刷用ページを表示する 2015年2月4日掲載

概要

2月2日(月曜日)、市立山直南小学校内で、小学校と幼稚園の全児童が、香り高いバラとして世界的に有名な「ダマスクローズ」の植樹を行いました。

将来、ブルガリア共和国の「バラの谷」の様に、バラの香りで地域が包まれるよう、子どもたちが大切に育てていきます。

詳細

2月2日(月曜日)、市立山直南小学校内で、小学校と幼稚園の全児童230人が、香り高いバラとして世界的に有名な「ダマスクローズ」の苗163本を植樹しました。

 ブルガリア共和国のアレクサンダー・ドラガノフ氏から寄贈いただいたバラの苗を植え、子どもたちの学習や表情豊かな地域づくりにつなげるものです。

 信貴市長は「大切に育てて花いっぱいのまちにしてください。そして地域の人たちも目で鼻で楽しめるバラの香プロジェクトにしてください。」と期待を寄せました。

 苗に生えるトゲに触れないように恐る恐る植えていた子どもたちは、植え終わると「楽しかった。早くきれいな花が咲いてほしい」と笑顔を見せていました。

開催日程

日時 平成27年2月2日(月曜日)午前8時30分から午前9時30分
場所 山直南小学校(稲葉町20番地) 

活動目的・内容

先日、ブルガリア共和国のアレクサンダー・ドラガノフ氏より、香り高いバラとして、世界的に有名な「ダマスクローズ」の苗を寄贈いただきました。

このバラには、岸和田市との交流が深まればとの思いが込められています。

子どもたちが日ごろのお世話を通じて、植物の生育状況を学ぶとともに、近くを通る地域の方々にもその香りを楽しんでいただけるような取り組みとなるよう進めていきます。

また、今回使用するプランターは、「fuku Pura」として、竹の有効活用を目指し、プラスチックの樹脂と竹粉を混合して製作したプランター(岸和田市内のプラスチック成型業者 有限会社マルエス化成工業で製造)を使用しています。

写真

バラの苗を植える子どもたちの写真です バラの苗を植える子どもの写真です バラの苗を植える子どもたちの写真です バラの苗を持っている子どもたちの写真です

本件に関する問合せ先

丘陵地区整備課(電話:072-423-9658)