ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 報道発表 非核平和イベントを開催します

報道発表 非核平和イベントを開催します

印刷用ページを表示する 2014年12月26日掲載

概要

平成27年1月30日(金曜日)、岸和田市立浪切ホールにて、日本非核宣言自治体協議会と市の共催で、一般の方にも広く参加していただける「平成26年度平和事業担当者研修会」を行います。

詳細

日本非核宣言自治体協議会と岸和田市の共催で「平成26年度平和事業担当者研修会」を行います。

もうすぐ被爆から70年が経過しますが、依然として世界中には多くの核兵器が存在します。この機会に一緒に平和について考えてみましょう。

※ 担当者研修会とありますが、一般の方にも広く参加していただけるイベントです。参加無料です。

日時

平成27年1月30日(金曜日)14時30分

場所

岸和田市立浪切ホール1階小ホール(港緑町)

内容・講師

(1)家族の被爆証言 14時45分~15時15分

講師 佐藤直子氏(「長崎被災協・被爆二世の会・長崎」会長)

(2)基調講演 15時30分~16時30分

講師 西田充氏(外務省 軍縮・不拡散専門官)

日本非核宣言自治体協議会

 1984年(昭和59年)広島県府中町に設立。2014年に設立30周年を迎えた。全国の非核都市宣言を実施した307の自治体が加盟している。(12月1日現在)

 設立の趣旨は「核戦争による人類絶滅の危機から、住民一人ひとりの生命とくらしを守り、現在および将来の国民のために、世界恒久平和の実現に寄与することが自治体に課せられた重大な使命である。宣言自治体が互いに手を結びあい、この地球上から核兵器が姿を消す日まで、核兵器の廃絶と恒久平和の実現を世界の自治体に呼びかけ、その輪を広げるために努力する」というもの。

 岸和田市は、昭和58年3月14日に核兵器廃絶・平和都市宣言を行い、昭和63年度に同協議会に加盟している。

資料

平成26年度平和事業担当者研修会 開催要領 [PDFファイル/468KB]

本件に関する問合せ先

自治振興課(電話:072-423-9436)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)