ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 報道発表 岸和田市防災シンポジウム『「備える」~大切な人のために~』を実施します

報道発表 岸和田市防災シンポジウム『「備える」~大切な人のために~』を実施します

印刷用ページを表示する 2015年1月5日掲載

概要

1月25日(日曜日)、マドカホールで防災シンポジウムを実施します。東日本大震災や平成21年佐用町水害により実際に被災された方の体験発表や市内の自主防災組織(星ケ丘町)の会長も交えたパネルディスカッションを行います。

基調講演およびコーディネーターは、災害対応カードゲーム教材「クロスロード」の発案者であり大阪府防災会議の専門委員でもある京都大学防災研究所の矢守教授をお招きします。

詳細

日時

平成27年1月25日(日曜日)14時~16時30分

場所

岸和田市立文化会館(マドカホール) 岸和田市荒木町1丁目17番1号

シンポジウムの概要 ※敬称略

テーマ

「備える」~大切な人のために~

【第1部】講演及び体験発表

<講演>矢守克也(京都大学防災研究所巨大災害研究センター教授)
<体験発表> 高橋弘則(気仙沼信用金庫復興支援課次長)、久保正彦(兵庫県佐用町企画防災課長)

【第2部】パネルディスカッション

<パネルディスカッション>
パネリスト:上記体験発表者2名に加え、原口正彰 (星ケ丘町防災福祉コミュニティ会長)、岸和田市危機管理課長
コーディネーター:矢守克也

資料

防災シンポジウム案内チラシ [PDFファイル/1.19MB]

本件に関する問合せ先

危機管理課(電話:072-423-9437)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)