ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 報道発表 岸和田市総合防災マップを新たに作成しました

報道発表 岸和田市総合防災マップを新たに作成しました

印刷用ページを表示する 2014年12月16日掲載

概要

市では、岸和田市の防災情報をわかりやすく一冊にまとめた「岸和田市総合防災マップ 備えよう!家族のために!自分のために!」を平成26年12月15日から市内全戸配布します。

また、一般社団法人全国防災共助協会と減災を目的とした防災協定を締結し、災害時に避難所までの誘導ができるスマートフォンアプリ「みたチョ」の利用を始めます。

詳細

総合防災マップ

市民が日頃から災害への備えを行えるよう、岸和田市の防災情報をわかりやすく一冊にまとめた「岸和田市総合防災マップ 備えよう!家族のために!自分のために!」の市内全戸配布を行います。

主な災害の仕組みや気をつけるべきこと、気象情報(注意報・警報などの情報)や災害・防災情報について、および地震・津波・洪水・土砂災害のハザードマップも掲載していますので、自身が生活している地域にどのような災害の可能性があるのかを知ってもらい、そのうえで、日頃からの備えを心がけ、万が一の災害時に冷静に対応できるよう、是非活用してほしいと思います。

スマートフォンアプリ「みたチョ」

一般社団法人全国防災共助協会と、減災を目的とした防災AR(※)に関する協定を締結しました。

全国防災共助協会が提供するスマートフォンアプリ「みたチョ」とは、AR技術を活用したアプリで、スマートフォンにダウンロードして起動させると、カメラを通した現実の風景に避難場所までの距離・方向などを重ねて映し出し、GPSを使用して最寄りの避難場所までの誘導が行えます。

また、国土地理院の避難所データを利用しているので全国各地でも使用できます。

アプリの詳しい説明が書かれた啓発リーフレットおよび「防災意識啓発ステッカー」は総合防災マップに挟み込んで市内全戸配布します。

(※)AR:人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。拡張現実。

総合防災マップ、みたチョリーフレット、防災意識啓発ステッカーの市内全戸配布は12月15日から行い、年内に自宅のポストへ投函します。

資料

「みたチョ」啓発用チラシ(表) [PDFファイル/26.11MB]

「みたチョ」啓発用チラシ(裏) [PDFファイル/25.92MB]

総合防災マップのデータはhttp://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/bousai/sougoubousaimap.htmlに掲載しています。

本件に関する問合せ先

危機管理課(電話:072-423-9437)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)