ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 報道発表 「フクロウの感謝祭」を開催します

報道発表 「フクロウの感謝祭」を開催します

印刷用ページを表示する 2014年11月6日掲載

概要

岸和田市の丘陵地区では、フクロウが生息できる里山づくりを目指し、「フクロウの森再生プロジェクト」を市民や企業の協力のもと推進しています。

この取り組みの一環として、平成26年11月9日(日曜日)、阪和道岸和田サービスエリア(下り)で「フクロウの感謝祭」を開催します。

詳細

岸和田市丘陵地区では、都市、農、自然が融合するまちづくりを進めています。自然エリアにおいて生物多様性の頂点に位置する「フクロウ」が営巣していますが、フクロウの生息できる里山環境は、放置竹林の拡張に伴って日々侵されています。

そこで、「フクロウの森再生プロジェクト」を立ち上げ、竹林伐採や植樹など市民や民間企業のCSR活動などにより実施し、フクロウを頂点とする自然豊かな里山環境の創出を進めています。

今回実施する「フクロウの感謝祭」では、親しみあるフクロウを様々な角度から発信することで、自然環境保全への啓発や、「フクロウの森再生プロジェクト」への参画を呼び掛けます。

「フクロウの感謝祭」の概要

岸和田だんじりや仏画で著名な「浅井将伯氏」をお招きし、「福来朗の世界」と題したライブペイントや、本物の生きたフクロウを展示し、その大きさや動きなどをご覧いただき、フクロウが生息できる森づくりについて考えてもらえればと考えています。

  1. 日時 平成26年11月9日(日曜日) 午前11時から午後2時まで
  2. 場所 阪和高速道路 岸和田サービスエリア(下り・和歌山方面行)
  3. 内容
    (1)浅井将伯氏のライブペイント(11時30分、12時30分、13時30分の計三回を予定)
    (2)レンタルによる生体のフクロウを展示(記念撮影は可能)
    (3)「フクロウの森再生プロジェクト」活動写真の展示
    (4)「フクロウの森再生プロジェクト」により伐採した竹を使った「竹プラスチック箸」の販売
    (5)その他フクロウグッズ販売

本件に関する問合せ先

丘陵地区整備課(電話:072-423-9658)