ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 報道発表 西之内町地区における地下水汚染を再調査しました

報道発表 西之内町地区における地下水汚染を再調査しました

印刷用ページを表示する 2014年1月21日掲載

概要

 平成25年10月21日に資料提供しました岸和田市西之内町地区における地下水汚染について、周辺への汚染の拡がりを確認するため、汚染が確認された地点を中心とする半径500メートルの範囲内にあった16井戸で硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素について調査しました。

詳細

結果

 新たに1井戸で基準値を超えて検出されました。調査した井戸は飲用利用されていませんでしたが、井戸所有者に対しては今後とも飲用には水道水を利用するよう周知しています。

検出物質名

硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素

測定値

1リットル当たり0.09~24ミリグラム

地下水基準

1リットル当たり10ミリグラム以下

水道水質基準

1リットル当たり10ミリグラム以下

 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素の濃度分布と土地利用状況を対比して、汚染原因を考えると、農地(畑、果樹園、家庭菜園)に隣接する井戸から局所的に検出されており、イオン成分の分析結果からも、肥料由来の窒素分が地下水の硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素の高濃度に寄与しているものと推定されました。

今後の対応

 市では、汚染地下水の飲用による健康への悪影響の防止及び汚染の低減のために必要な啓発・指導を引き続き行っていきます。

 また、今後、本地区における硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素による地下水汚染の状況については、概況調査等で監視していきます。

資料

地下水汚染の防止啓発用チラシ [PDFファイル/155KB]

本件に関する問合せ先

地下水汚染対策、地下水汚染判明の経緯等に関すること

環境保全課(電話:072-423-9462)

井戸水の飲用に関すること

健康推進課(電話:072-423-8811)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)