ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 環境課 > 平成26年度の岸和田市域における化学物質の排出量等について

平成26年度の岸和田市域における化学物質の排出量等について

印刷用ページを表示する 2016年4月4日掲載

PRTR法及び府条例に基づく届出の概要

 岸和田市では、化学物質による環境リスクの低減のため、PRTR法(特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律)及び府条例(大阪府生活環境の保全等に関する条例)に基づき、化学物質の取扱量や管理目標等の届出を盛り込んだ大阪府化学物質管理制度を運用しています。

このほど、平成26年度の岸和田市域における化学物質の排出量について、とりまとめましたのでお知らせします。平成26年度は、PRTR法又は府条例に基づき、46事業所から届出がありました。平成25年度から届出排出量は39トン増加し、届出移動量は10トン減少し、届出取扱量は98トン減少しました。また、平成26年度における管理目標の届出件数は14件でした。

PRTR法及び府条例に基づく届出制度の概要

 

PRTR法

府条例

届出対象事業者

届出対象業種

製造業等24業種

従業員数

事業者が常時使用する従業員数が21人以上

届出対象物質と年間取扱量等

次のいずれかに該当すること
■第一種指定化学物質の年間取扱量が1トン※1以上
 (トルエンなど462物質)

■特別要件施設を設置していること
 (下水道終末処理施設、廃棄物焼却炉など)  

■第一種管理化学物質の年間取扱量が1トン※1以上
 (トルエン・メチルアルコールなど486物質)
○第一種指定化学物質
 (トルエンなど462物質)
○府独自指定物質
 (メチルアルコールなど23物質及び揮発性有機化合物(VOC)※2

届出内容

第一種指定化学物質

排出量・移動量の届出

取扱量の届出

府独自指定物質

 

排出量・移動量・取扱量の届出

計画書等

 

・化学物質管理計画書
・化学物質管理目標決定及び達成状況
 (従業員数50人以上の事業所)

(注)平成22年度にPRTR法の届出対象化学物質が見直され、354物質から462物質になりました。これにより大阪府の独自指定物質は38物質(37物質+揮発性有機化合物)から24物質(23物質+揮発性有機化合物)に見直しました。

※1:特定第一種指定化学物質(ベンゼンなど15物質)は0.5トン以上
※2:揮発性有機化合物(VOC)(府条例施行規則別表第18の9第24号)(以下、「VOC総量」という。)は、トルエン、ベンゼン、メチルアルコールなどの該当する物質の年間取扱量合計が1トン以上

平成26年度届出結果について

 平成26年度の届出結果について [PDFファイル/167KB]

 その他

 大阪府から大阪府域における化学物質の排出量及び平成26年度以前のデータについて公表されていますので府域全体の状況及び平成26年度以前については大阪府ホームページをご覧ください。

 平成26年度の大阪府域における化学物質の排出量等について大阪府ホームページへ外部リンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)