ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 環境課 > 家庭用生ごみ処理機器購入補助金を交付します

家庭用生ごみ処理機器購入補助金を交付します

印刷用ページを表示する 2017年4月1日掲載

  岸和田市では、一般家庭での生ごみの再利用を促進するため、家庭用生ごみ処理機器を購入する経費を一部補助します。

補助対象者と補助個数

補助対象者

  • 岸和田市内在住し住民基本台帳に記録されている方
  • 生成される堆肥を自ら活用できる方
  • 市税を完納していること
  • 当該補助金の交付を受けてから5年を経過している方

補助個数

1世帯につき1基
ただし、2基で1つの同一処理作業を行うと認める容器(EMバケツ等)については2基まで対象

補助対象機器及び補助金額

電源を必要とする処理機器(電動式生ごみ処理機)

 家庭から排出される生ごみを機械的に処理し、消滅させ、堆肥化し、又は減容する乾燥型及びバイオ発酵型の電動式の処理機

補助金額

 本体購入価格(消費税及び地方消費税を含む)の2分の1の額(上限2万円)

  • 1,000円未満切捨て

電源を必要としない処理器(コンポスト・EMバケツなど)

 家庭から排出される生ごみを微生物により発酵及び分解し、堆肥化する処理容器

補助金額

  本体購入価格(消費税及び地方消費税を含む)の2分の1の額(上限3千円)

  • 100円未満切捨て

  処理機器本体購入価格2,000円以上のものが補助の対象です。

補助金計算例

 (例1)本体購入価格45,000円(消費税及び地方消費税を含む)の電源を必要とする処理機を購入した場合

     45,000円×2分の1=22,500円 (1,000円未満切捨て)

     補助金交付額 20,000円 

 (例2)本体購入価格5,500円(消費税及び地方消費税を含む)の電源を必要としない処理器を購入した場合

     5,500円×2分の1=2,750円 (100円未満切捨て)

     補助金交付額 2,700円

 購入の際、ポイントやクーポンなどを利用した場合、利用したあとの実質支払額が補助の算定基準となります。計算例はQ&Aを参照してください。 

交付の条件

  1. 事業の用に供する目的でないこと
  2. 市が実施する処理機器の使用実態等の調査に協力できること
  3. 自ら継続的に使用すること

申請の方法

 処理機器を購入後90日以内に下記の書類をそろえて環境課にて申請してください。

  1. 岸和田市家庭用生ごみ処理機器購入補助金交付申請書(様式第1号) [PDFファイル/38KB]
  2. 納税状況確認及び住民基本台帳記載事項等確認同意書(様式第2号) [PDFファイル/28KB]
  3. 岸和田市家庭用生ごみ処理機器設置報告書(様式第3号) [PDFファイル/28KB]
  4. 岸和田市家庭用生ごみ処理機器購入補助金交付請求書(様式第6号) [PDFファイル/47KB]
  5. 機器本体購入価格が明らかになる書類の写し(領収書、支払明細書等)
  6. 機器設置の写真
  7. 振り込みを希望する申請者名義の通帳の写し(金融機関印が押印しているページ上下)
  • 提出いただく書類(6.機器設置の写真を除く)はすべて申請者名に限ります。
  • 押印いただく印鑑はすべて同一の印鑑を押印し、申請の際その印鑑を持参してください。

各様式の記入例 [PDFファイル/114KB]

申請後の流れ

 申請されてから、審査等を行い補助金交付の可否を決定し申請者に通知後、指定いただいた口座へ補助金を振込します。

その他

 不正な手続きにより補助金を受けたり、補助金の交付目的以外に使用したときは、補助金の全部または一部の返還を求めることがあります。

家庭用生ごみ処理機器購入補助金Q&A

家庭用生ごみ処理機器購入補助金制度Q&A  [PDFファイル/99KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)