ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 危機管理課 > もしも武力攻撃やテロに遭遇してしまったら

もしも武力攻撃やテロに遭遇してしまったら

印刷用ページを表示する 2017年6月15日掲載

武力攻撃やテロにより警報が発令されたら

みなさんの安全を守るため、武力攻撃やテロが迫り、または発生した地域には警報を発令して注意を呼びかけます。テレビやラジオからの情報収集に努めましょう。

◇屋内にいる場合

◆ドアや窓を全部閉めましょう
◆ガス、水道、換気扇を止めましょう
◆ドア、壁、窓ガラスから離れて座りましょう

◇屋外にいる場合

◆近隣の堅牢な建物や地下街など屋内に避難しましょう
◆行政機関からの避難の指示が出されたら、指示に従って落ち着いて行動しましょう

武力攻撃やテロの手段としてNbc(核物質、生物剤、化学剤)が使われた場合

武力攻撃やテロなどの手段としてNbc(核物質、生物剤、化学剤)が用いられた場合には、特別な対応が必要となることから、情報収集に努めるとともに行政機関からの指示に従って行動することが重要です。

◆口と鼻をハンカチで覆いながら、その場を直ちに離れ、外気から密閉性の高い屋内の部屋に避難しましょう
◆屋内では、窓を閉め、目張りによって室内を密閉し、できるだけ窓のない中央の部屋か、上の階へ移動しましょう

日頃からの備え

地震などの災害に対する日頃からの備えとして、避難しなければならないときに持ち出す非常持ち出し品や、数日間を自足できるようにするための備蓄品などは、武力攻撃やテロなどが発生し避難をしなければならないなどの場合においても役立ちます。

◇備蓄品(7日分が目安)

◆携帯用飲料水
◆食品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
◆貴重品(預金通帳、印鑑、現金など) ◆パスポートや運転免許証
◆ヘルメット、防災ずきん ◆軍手 ◆懐中電灯
◆衣類(セーター、ジャンパー類) ◆下着 ◆毛布
◆携帯ラジオ、予備電池 ◆マッチ、ろうそく ◆使い捨てカイロ
◆ウェットティッシュ ◆筆記用具

◇非常持ち出し品

◆飲料水(3リットル×3日分) ◆ご飯(4~5食分)
◆ビスケット(1~2箱) ◆板チョコ(2~3枚) ◆缶詰(2~3缶)
◆下着(2~3組) ◆衣類(スウェット上下、セーター、フリースなど)

武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房国民保護ポータルサイト)