ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 暮らしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > かかりつけ医・かかりつけ薬剤師を持ちましょう

かかりつけ医・かかりつけ薬剤師を持ちましょう

印刷用ページを表示する 2019年1月10日掲載

かかりつけ医・かかりつけ薬剤師とは

体調不良の際や健康・服薬についてお悩みがあるとき、まずはじめにかかる身近な医師、何でも相談できる薬剤師のことです。

かかりつけ医は必ずしも内科医とは限らず、他の診療科目の医師であっても構いません。

自宅の職場の近くにかかりつけ医・かかりつけ薬剤師を見つけておきましょう。

かかりつけ医を持つメリット

気軽に体調・治療・服薬の相談ができ、あなたとご家族の健康管理をしてくれます。

必要に応じ、専門医や総合病院を紹介してくれます。

かかりつけ薬剤師を持つメリット

薬の重複、残量、悪い飲み合わせ(市販薬や食事を含む)、副作用がないか等を管理してくれます。

必要に応じ、あなたに代わって医師に服薬の相談をしてくれます。

かかりつけ機能を活かすために

かかりつけ医・かかりつけ薬剤師には、次のことを伝えましょう。

  • 現在他に受けている医療
  • 過去に受けた主な医療
  • 現在飲んでいる薬(市販薬を含む)の量と種類
  • 手元で余っている薬の量と種類

関連リンク

かかりつけ医を持とう!(岸和田市医師会)

かかりつけ医を持ちましょう(日本医師会)

かかりつけ薬剤師・薬局とは?(日本薬剤師会)