ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康保険課 > 第2期保健事業実施計画(第2期データヘルス計画)兼第3期特定健康診査等実施計画を策定しました

第2期保健事業実施計画(第2期データヘルス計画)兼第3期特定健康診査等実施計画を策定しました

印刷用ページを表示する 2018年5月7日掲載
国保加入者の医療費の適正化や疾病の重症化予防などを目的とし、レセプト及び特定健診等のデータを分析し、保健事業を効果的・効率的に実施するため「第2期保健事業実施計画(第2期データヘルス計画)兼第3期特定健康診査等実施計画」を策定しました。

岸和田市国民健康保険加入者の健康課題として、大阪府や全国平均の年齢階級別被保険者千人当たりのレセプト件数が
1.どの年代においても脳血管疾患(脳梗塞等)が多い。
2.50歳代の虚血性疾患(狭心症や心筋梗塞等)が多い。
3.60歳未満の人工透析が多い。
など様々な健康課題が抽出されました。

今後、計画に基づいた保健事業を推進し、加入者の皆様の健康を支援してまいります。

概要

1 計画策定の背景
2 保険者の現状
(1)データに基づいた現状分析
(2)保険者の周辺環境
(3)地理的社会的背景、医療アクセスの特徴
(4)人口、被保険者の状況
(5)平均寿命、健康寿命
(6)標準化死亡比
(7)要介護認定状況
(8)医療費分析
(9)費用区分別医療費
(10)医療費順位の主要疾患別医療費
(11)性別、年齢階級別の主要疾患患者数
(12)脳血管疾患、虚血性心疾患、人工透析(年齢階級別被保険者千人当たりレセプト件数)
(13)高血圧、糖尿病、脂質異常症(年齢階級別被保険者千人当たりレセプト件数)
(14)後発医薬品の利用状況
(15)特定健診実施状況
(16)特定健診受診の状況
(17)特定健診受診者における健康、生活習慣の状況
(18)高血圧(重症度別該当者数)
(19)糖尿病(重症度別該当者数)
(20)脂質異常症(重症度別該当数)
(21)喫煙
(22)肥満、メタボリックシンドローム(該当者数)
(23)特定保健指導実施状況
(24)特定保健指導利用率及び実施率
(25)特定保健指導による改善率
(26)既存資料の評価
(27)特定健診
(28)特定保健指導
(29)高血圧重症化予防対策
(30)高血糖重症化予防対策
(31)糖尿病性腎症重症化予防対策
(32)たばこ対策
(33)後発医薬品の利用普及
3.健康課題
4.保健事業の実施内容
5.計画の目的、目標
(1)項目別健康課題
(2)目標値
(3)保健事業計画のまとめ
6.計画の評価方法
7.計画の見直し
8.計画の公表、周知に関する事項
9.事業運営上の留意事項
10.個人情報保護に関する事項
11.資料集
(1)用語集
(2)健診結果項目の判定値
(3)各図データ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)