ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 春木市民センター > 「多肉植物寄せ植え講座」を開催しました

「多肉植物寄せ植え講座」を開催しました

印刷用ページを表示する 2017年6月22日掲載

市立公民館分館講座 ポットの中の小さな自然 「 多肉植物寄せ植え講座」

 6月17日(土曜日)に、ポットの中の小さな自然「多肉植物寄せ植え講座」を開催しました。

フラワーアトリエニュアンスの新里美枝さんを講師にお迎えして、素敵な陶器に様々な種類の多肉植物を寄せ植えしました。

講座の始めに、多肉植物の取扱いについて詳しくお話をいただき、参加者は好みの多肉植物を、デザインや配置を考えながら植えていきました。多肉植物に使う土は、多肉用土は長持ちしにくいので、市販の「花と野菜の土」で良いとのことでした。

※講座の様子 

多肉植物 多肉植物寄せ植え講師 多肉寄せ植え見本

まずは、器の底に敷き石を1~2センチほど入れて、その上に少し土を入れます。 

講座風景 多肉植物 講座風景

次に色合いやデザインを考えて、植物を配置します。その上から土を入れ込み、割り箸で土を整えます。水やりは、土が乾燥したら器の真ん中からたっぷりあげます。午前中から昼ごろまで、半日陰で風通しのよい家の軒下などで育てます。

葉が落ちた場合は2~3時間乾燥させてから挿し木をすればまた育つとのことでした。

完成作品 完成作品 参加者の皆さんの個性豊かな寄せ植えに仕上がりました。

講座を終えて、参加者からは「可愛い寄せ植えが出来て良かった」「器がとても素敵」「楽しくて勉強になった」などといった感想が多く聞かれました。