ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 公的個人認証サービスによる電子証明書について

公的個人認証サービスによる電子証明書について

印刷用ページを表示する 2017年9月21日掲載

概要

公的個人認証サービスによる電子証明書は2種類あります。

1.署名用電子証明書
氏名、住所、生年月日、性別の4情報が記載されており、インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します。「作成・送信した電子文書が、あなたが作成した真正なものであり、あなたが送信したものであること」を証明するために利用できます。

  • 電子申請(e-Tax等)
  • 民間オンライン取引(オンラインバンキング等)の登録 など

2.利用者証明用電子証明書
インターネットサイト等にログイン等する際に利用します。「ログイン等した者が、あなたであること」を証明するために利用できます。

  • 行政のサイト(マイナポータル等)へのログイン
  • 民間のサイト(オンラインバンキング等)へのログイン
  • コンビニ交付サービス利用 など

マイナンバーカードでの電子証明書を取得については、マイナンバーカードをご覧ください。
初回の発行手数料は無料です。ただし、マイナンバーカードの紛失や破損等の自己の責による電子証明書の再発行は200円かかります。

ご用意していただくもの

電子申請を行うためには、ICカードリーダライタをご自身で用意していただくことになります。マイナンバーカード対応のICカードリーダライタは 公的個人認証サービスポータルサイトをご覧ください。

※住民基本台帳カードでご利用頂いているICカードリーダライタをお持ちの場合は、お持ちのICカードリーダライタがマイナンバーカードに対応しているかどうか、ICカードリーダライタのメーカーへお問い合わせをお願いします。(なお、住基カード用電子証明書の有効期間は発行日から3年です。また、住所・氏名等に変更が生じると失効します。)

住民基本台帳カードで電子証明書の発行を受けている方へ

住民基本台帳カードを用いた電子証明書の新規発行と更新手続きは平成27年12月28日をもちまして終了しました。現在住民基本台帳カードで電子証明書をご利用されている方は、発行時にお渡しした、「電子証明書の写し」で有効期限をご確認ください。有効期限まで電子証明書をご利用いただけます。
電子証明書を有効期限後もご利用される方は、マイナンバーカードのICチップに2種類の電子証明書が登載されますので、マイナンバーカードの交付申請を行って下さい。有効期限内の申請も可能です。
申請から交付までに1ヶ月程度要しますので、ご了承ください。

公的個人認証サービスについて

 公的個人認証サービスを利用して電子申請が可能となる手続き等

※ 現在、岸和田市役所では利用できるサービスはありません。