ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 女性センター > シネマ&Talk「何を怖れる」-フェミニズムを生きた女たち-映画鑑賞会を開催しました

シネマ&Talk「何を怖れる」-フェミニズムを生きた女たち-映画鑑賞会を開催しました

印刷用ページを表示する 2017年2月9日掲載

平成29年3月4日女性センターまつり記念講演会講師の松井久子監督作品。最前線で活躍してきた女性14人の、自らの人生とフェミニズムへの想いが迫力満点に収録されたドキュメンタリー映画を鑑賞し、それぞれの想いや感想を話し合いました。若い世代の方にもぜひ観ていただきたい、伝えていきたい作品です。

参加者数 女性36名 男性1名

開催風景 シネマ&トーク 風景1 

 アンケートより

  • 今まで女はこういう風に生きていくんだと思い込んで辛抱していたことが、そうではなかったと思いました。もう少し強くなりたいと思います。
  • 私達と同じ年代の方が頑張ってきた事を皆に伝えていきたいと思いました。
  • ただただ圧倒されました。リブという言葉は知りませんでしたが、この映画を観て自分も頑張らねばと思いました。ドキュメンタリーの迫力で、素晴らしい映画をありがとうございました。男女共同参画というと、硬いイメージになってしまいがちですが、多くの方々と語り合っていきたいと思わせていただきました。
  • 私達が今暮らす現在が、いかに先輩達が努力して工夫して築いてくれたものだと実感しました。それを大切に継続させていくことが、私達の責務かなと思います。日頃の男女共同参画の視点をもって声をあげ、自分の想いや考えを伝えていきたい。

日時

平成29年1月28日(土曜日)午後1時30分~4時

場所

岸和田市立女性センター

主催

岸和田市立女性センター

ちらし [PDFファイル/27.32MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)