ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建設管理課 > 平成29年 年末の交通事故防止運動の実施

平成29年 年末の交通事故防止運動の実施

印刷用ページを表示する 2017年11月30日掲載

平成29年 年末の交通事故防止運動の実施

 大阪府内で「年末の交通事故防止運動」を実施します。年末は、交通量の増加、飲酒の機会の増加により交通事故が多発する傾向にあり、 この時期の日没が早いことから自動車運転者・歩行者ともに視認性が低下し、交通事故に遭いやすいことが考えられます。 夕暮れ時に自動車を運転の場合は、早めにライトを点灯し歩行者から確認しやすくし、歩行者は白っぽい服装と反射材を身につけ、運転者から確認しやすいようにしましょう。 また、自転車に乗るときは、道路の左側を通行し、暗くなったら早めにライトを点灯し、自動車はもとより歩行者や自転車同士の衝突事故を防ぎましょう。市内では、オートバイの死亡事故も発生しています。車列のすり抜けや無理な追い越しをせず、交差点では、対抗右折車両に充分注意しましょう。

平成29年 年末の交通事故防止運動のポスター

 実施期間

 平成29年12月1日(金曜日)から12月31日(日曜日)までの1ヶ月間

 運動の重点

 ○ 夕暮れ時の交通事故防止 

 ○ 二輪車の交通事故防止

 ○ 飲酒運転の根絶 

 スローガン

 ○ ありがとう 早めの点灯 思いやり

 ○ 気のゆるみ 一杯だけが 命とり

 平成29年 年末の交通事故防止運動チラシ両面

ハンドルキーパー運動を推進しましょう

 グループで忘年会など自動車で飲酒に向かうときは、予め飲酒しない人を決め、その人が帰宅時に飲酒した人を送り届ける「ハンドルキーパー」運動を実践しましょう。飲酒運転は絶対にしないことを広めましょう

ハンドルキーパー例のイラストハンドルキーパーシンボルマーク

「のんだらのれん」飲酒運転撲滅キャンペーンソング [3.86MB]

大阪府交通対策協議会ホームページへのリンク