ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 公共施設マネジメント課 > 岸和田市役所本庁舎の建替検討について

岸和田市役所本庁舎の建替検討について

印刷用ページを表示する 2018年11月19日掲載

 岸和田市の市役所庁舎は、最も古い建物が昭和29年の建設で、築60年以上経過し、かなり老朽化が進んでいます。
 また、その後の業務量の増大に伴い、増築などの方法で対応してきましたが、結果として複雑な庁舎構造になってしまい、市民の皆様に不便を強いる状況です。
 さらに、耐震性能についても問題を有しており、近い将来の発生が危惧されている南海トラフ巨大地震等が起こった場合、倒壊する危険性が高いことが明らかになっています。
 阪神淡路大震災や東日本大震災などの教訓から、災害発生時及び発生後の災害対策拠点としての庁舎の重要性にも鑑み、市役所庁舎の建替等について検討を進めています。 

1.現庁舎の概要

2.庁舎建替検討に関する取組み

3.市民向け説明会

4.庁舎建替に関するご意見・お問合せ