ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 障害者支援課 > 平成30年4月から福祉医療費助成制度が変わります

平成30年4月から福祉医療費助成制度が変わります

印刷用ページを表示する 2018年2月1日掲載

 平成30年4月1日から、大阪府の福祉医療費助成制度が改正されたことに伴い、岸和田市の福祉医療費助成制度(障害者・老人・ひとり親家庭・子ども)も変更します。

 平成30年4月1日からの主な変更点について

  1.  障害(児)者医療費助成制度は、名称が重度障害者医療費助成制度に変わり、助成の対象となる方を変更するとともに、窓口での一部自己負担額の取り扱いも変更します。
  2.  老人医療(一部負担金相当額等一部助成)制度は、重度障害者医療費助成制度とひとり親家庭医療費助成制度に整理・統合し、老人医療制度は廃止となります。
     重度障害者医療費助成制度又はひとり親家庭医療費助成制度の対象とならない場合は、助成対象外となります。
     ただし、平成30年3月31日時点で老人医療制度の適用を受けている方は、老人医療制度の対象資格が継続している限り、平成33年3月31日まで、老人医療制度経過措置対象者として助成を継続します。
  3.  訪問看護ステーションが行う訪問看護(医療保険分)についても福祉医療費助成制度の助成対象となり、1日500円以内の一部自己負担額となります。
  4.  精神病床への入院は助成対象外となります。
     ただし、平成30年3月31日時点で大阪府内で福祉医療費助成制度の助成を受けていた方については、経過措置により、平成33年3月31日までは助成対象となります。
     平成30年4月1日以降に交付される医療証では、精神病床への入院が助成不可とする表記となりますが、経過措置により助成できる場合がありますので、精神病床への入院の際は障害者支援課へお問い合わせください。
  5.  重度障害者医療費助成制度対象者と老人医療制度経過措置対象者については、医療機関の他、院外調剤や治療用装具についても1日(治療用装具の場合は意見書ごとに)500円以内の一部自己負担額が必要となります。
     また、一部自己負担額は、ひとつの医療機関あたり入院、通院とも1ヶ月あたり最大2日までの上限日数がなくなり、3日目以降も1日500円以内の一部自己負担額が必要となります。
  6.  一部自己負担額の月額上限額を2,500円から3,000円に変更します。

変更の前後についてまとめた資料がありますので、こちら [PDFファイル/43KB]をご覧ください。

なお、対象者の方へは、2月9日(予定)に制度改定についてのご案内を送付させていただきます。

また、改定により手続きが必要となる方についても、ご案内を送付させていただきますので、案内が届きましたら内容をご確認いただき、必要な手続きをお願いします。

ひとり親家庭医療、子ども医療助成制度についての変更点は、子育て給付課医療助成担当でご確認ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)