ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > マドカホール > 塩田千春展 永遠の糸

塩田千春展 永遠の糸

印刷用ページを表示する 2019年10月29日掲載

塩田千春展 永遠の糸

ベルリンを拠点にグローバルな活躍をする現代美術家の塩田千春は、記憶、不安、夢、沈黙など、かたちのないものを表現したパフォーマンスやインスタレーションで知られています。
なかでも赤や黒の糸を空間全体に張り巡らせたダイナミックなインスタレーションは、彼女の代表的なシリーズです。
作家の故郷である岸和田で、これまでの展覧会とは違った塩田千春展を開催いたします。

 お知らせ

■ ボランティアを募集します!

  塩田氏の作品を身近で感じ、展覧会を一緒に盛り上げてくれるボランティアスタッフを募集します。

  応募方法等の詳細はこちら

チラシ画像

展覧会情報

【会期】 2020年2月5日(水曜日)~3月15日(日曜日) 

【休館日】 月曜日・3/10(火曜日)

【開場時間】 平日10時~17時、 土日祝10時~20時 入場無料。いずれも入場は閉場時刻の30分前まで。

【開催場所】マドカホール(岸和田市立文化会館) 大阪府岸和田市荒木町1-17-1

   ---------------------------------------------------------------------

絵を描くこと、作家を目指したこと、いろんな思いを巡らし育った故郷で、展覧会を開催できることをとても嬉しく思います。

ご覧いただいた方それぞれにアートを感じたり考えるきっかけになることを願っています。

塩田千春   略歴

アクセス

  交通アクセス&駐車場の情報はこちら

  • 土日祝は駐車場が大変混み合いますので、公共交通機関をご利用ください。
  • 駐車場は大型車両の駐車はできません。あらかじめご了承ください。

  

3館合同事業実行委員会とは

    岸和田市立の3つの文化施設(マドカホール・自泉会館・浪切ホール)が、平成23年度から取組んでいる事業。各館では、それぞれが館の特徴を活かす文化事業を展開しているが、この事業では、企画立案から本番に至るまで、合同で制作することにより、それぞれの持ち味を活かしながら岸和田市における文化振興の一旦を担っている。8作目となる今回は、本市出身の塩田千春展を企画。7作目までは舞台制作であったが、初の展覧会事業に取組む。

    【主催】 3館合同事業実行委員会
        マドカホール(岸和田市)/自泉会館(岸和田文化事業協会)/南海浪切ホール(南海・TVKグループ)

    事務局:岸和田市魅力創造部文化国際課 
    〒596-0004 大阪府岸和田市荒木町1-17-1マドカホール内
    TEL:072-443-3800(9時~17時)  休館日:月曜日・3/10