ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「図書館友の会」市民公開講座 『玄奘三蔵の「遺骨」来歴と久米田寺靖霊殿への分骨』を開催します(8月10日開催)

印刷用ページを表示する 2019年7月9日掲載

「図書館友の会」市民公開講座 『玄奘三蔵の「遺骨」来歴と久米田寺靖霊殿への分骨』を開催します

 「西遊記」で有名な三蔵法師(玄奘)の遺骨の一部が、久米田寺靖霊殿に奉納されているのをご存知ですか?どのようにして玄奘の遺骨が発見され日本に持ち寄られたのか、その分骨がなぜ岸和田に奉納されたのか…。それらの経緯を語っていただきます。

講座ちらしの写真

日時

8月10日(土曜日) 午後1時30分~4時 (開場 午後1時)

場所

岸和田市立八木市民センター(池尻町) 2階 第1会議室

定員

申し込み先着80名(参加無料) 

申し込み

7月9日(火曜日)より図書館本館(072-422-2142)へ電話または直接お申し込みください。

講師

坂井田 夕起子氏(愛知大学国際問題研究所)

【著書】『誰も知らない「西遊記」-玄奘三蔵の遺骨をめぐる東アジア戦後史-』(龍渓書舎,2013年)等

主催:岸和田市立図書館友の会・八木地区市民協議会・岸和田市立図書館