ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

まちライブラリーブックフェスタ2018in関西イベントレポート~旅するみなみちゃん(1)「久米田の道、未知を探れ!」~

印刷用ページを表示する 2018年5月15日掲載

4月28日(土曜日)からまちライブラリーブックフェスタ2018in関西が始まり、岸和田でもいろいろなイベントが開催されています。今回、ボランティアグループ「みなみちゃんとおはなしたい」のイメージキャラクターみなみちゃんがイベントに参加してレポートしてくれました。

旅するみなみちゃん(1)~「久米田の道、未知を探れ!-久米田探訪編ー」

開催日 5月6日(日曜日) 午前10時~午後4時

主催 泉州らへんでオープンデータとGISを楽しむ会 協力 和歌山大学岸和田サテライト・市立図書館

 みなみちゃん(うさぎのぬいぐるみ)の写真 

旅するみなみちゃん、はじまるよ~!

みなみちゃんと久米田池

今日は、『泉州らへんでオープンデータとGISを楽しむ会(仮称)』の人たちと久米田寺周辺を歩いてきたよ!みなみのおうちの近くだったのに知らないコトばっかりだったよ!

みなみちゃんと久米田寺

久米田寺の鐘だよ。戦争中もお寺の人が溶かされて武器にされないように頑張って守ったから昔のままなんだって。

みなみちゃんと古墳

久米田公園の中に昔の人のお墓(古墳というらしい)があるなんて知らなかった。いつも乗って遊んでいたよ。ごめんなさい。

みなみちゃんとウィキペディア

午後からは、八木市民センターでまち歩きで収集した情報を図書館から提供された文献で確認し、オープンデータとして情報発信する作業をするそうだよ。難しそうな資料がたくさんだ~!今日は、日本野鳥の会の豊嶋達夫さんの久米田池の野鳥の話や、ボランティアガイドの行龍男さんのお寺や古墳の話。さらにオープンデータについてのお話をしてくれた諸国・浪漫の坂ノ下勝幸さん。たくさんのお話を聞けてちょっとかしこくなったかな?また、遊びに行きたいな。


当日の様子は、市のホームページ、ブックフェスタin関西2018「久米田の未知を探れ」が開催されましたでもご覧いただけます。

この取組は、実際に久米田池周辺をまち歩きして、歴史や文化、風習などの景観に触れ、得られた地域の情報をオープンデータとして世界に発信するため、和歌山大学岸和田サテライトの「泉州らへんでオープンデータとGISを楽しむ会(仮称)」が主催し実施されました。