ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

大阪湾生き物一斉調査2018 泉州の河口と干潟(大津川河口)

印刷用ページを表示する 2018年5月22日掲載

名前調べ大津川

  毎年恒例の「大阪湾生き物一斉調査」は、今年で11回目をむかえます。6月16日は忠岡町と泉大津市の間を流れる、大津川河口干潟に行き、そこで生息する魚類や貝類、甲殻類、植物など、いろいろな生物をさがしましょう。
 観察や採集だけではなく、調査票の記入や、生物の名前を調べる作業も行います。身近な環境を調べてみたい方、夏休みに海の生き物をテーマとする自由研究を考えていらっしゃる方にもおすすめです。おとなの方の参加も大歓迎です。

  • 日時:2018年6月16日(土曜日)13時00分~17時00分  雨天中止
    ※採集だけではなく、生態観察や生き物の名前調べを行います。
  • 場所:大津川河口干潟(大阪府忠岡町)
  • 集合:大津川河口(詳しい集合場所は当選者に連絡します)  
  • 講師:児島格氏(当館専門員)・自然資料館学芸員ほか
  • 定員:小学生以上20名(小学生は保護者同伴・幼児同伴不可)
  • 持ち物:筆記用具・飲み物・タオル・バケツまたはビニール袋。あればトング・フィールド図鑑・採集道具・観察道具・バインダーなど。動きやすい格好でお越しください。
  • 申込方法:往復はがきか電子メール(携帯電話からは不可)で、6月11日(必着)までに、保護者を含む参加者全員の郵便番号・住所・氏名・年齢か学年・電話番号を記入し、自然資料館「一斉調査大津川」係までお送りください。申込者多数の場合は抽選を行います。なお、規定以外の方法でのお申し込みについては、失格となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 主催:大阪湾生き物一斉調査実行委員会・きしわだ自然資料館