ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

傷ついた野鳥はどうなるの?野生鳥類リハビリテーションセンター見学会(2月3日)

印刷用ページを表示する 2017年12月30日掲載

野鳥

 交通事故、ガラスへの衝突など、さまざまな理由で傷ついた野鳥たち。大阪には、それらの鳥たちを救護し、野生復帰させるための施設があります。今回は、大阪の野鳥をとりまく現状と、傷ついた野鳥の救護の実際について、バードレスキュー協会のみなさんからお話をうかがい、施設を見学させていただきます。おとなの方だけの参加も大歓迎です。

  • 日時:2018年2月3日(土曜日)13時30分~15時30分
  • 場所:深江ワークヴィレッヂ(大阪市)現地集合・現地解散です。
  • 講師:村濱史郎氏(日本バードレスキュー協会理事長)ほか協会スタッフ
  • 定員:小学生以上20名(小学生は保護者同伴・幼児不可)
  • 費用:一人50円(保険代)現地までの交通費は各自負担
  • 申込方法:往復はがきか電子メール(携帯電話からは不可)で、1月22日(必着)までに、保護者を含む参加者全員の郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号を記入し、自然資料館「バードレスキュー」係までお送りください。申込者多数の場合は抽選を実施します。なお、規定以外の方法でのお申し込みについては、失格となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • きしわだ自然資料館