ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

介護や医療

印刷用ページを表示する 2016年6月28日掲載

介護保険で利用できるサービス 

介護が必要な状態になったと思ったら、まず要介護(要支援)の認定の申請を介護保険課へ行ってください。認定区分によりサービスを利用できます。

街かどデイハウス 

高齢者が介護保険を使わずに自立した生活を送るために、介護予防や昼食の提供、レクリエーションなどの日帰りサービスを行います。

後期高齢者医療 

75歳以上の人と、65歳~74歳で一定の障害があり申請により認定された人が加入する高齢者の医療保険制度です。

高額な医療費 

医療費の一部負担金が高額になったときに支給します。

老人医療 

65歳以上で一定の要件に該当する人に、医療費の一部を助成します。

手帳の交付

身体障害者手帳療育手帳精神障害者保健福祉手帳の交付をしています。手帳を所持すると、次のような様々な制度やサービスを受けることができます。

  • 障害(児)者医療費…身体・知的障害がある人に、医療費の一部を助成します。
  • 自立支援給付…障害のある利用者自身がサービスを選択し、契約によりサービスを利用します。まずは障害者支援課にご相談ください。
  • 補装具費…身体上の障害を補うための用具の交付や修理費の助成を行っています。購入前に申請してください。
  • 日常生活用具…在宅の障害者に様々な日常生活用具の給付(購入前に申請が必要)や貸与を行っています。
  • 紙おむつの給付…常時おむつを使用する在宅でねたきりの重度障害者に1ヶ月当たり6千円分の紙おむつの給付券を配布します。
  • 住宅改造費の助成…在宅で重度障害者に住宅の改造の費用を助成します。改造を行う前にご相談ください。
  • 重度身体障害者訪問入浴サービス…家庭での入浴が困難な在宅の重度身体障害者に、入浴の介護を行っています。
  • 自動車改造補助…改造を行う前にご相談ください。
  • タクシー運賃基本料金の助成…重度の障害がある人が、市が指定するタクシーに乗車したときに利用できる助成券を発行します。
  • 割引制度…駐車許可の標章の発行、NHK放送受信料の免除についての証明書発行、有料道路通行料金の割引
  • 税金の減免