ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市内で転居したら

印刷用ページを表示する 2017年4月1日掲載

住民異動の手続き 

新しく市内にお住まいになったときや市内で引越したとき、市外に引越したときは、転入・転居・転出などの手続きが必要です。外国人住民も手続きが必要です(外国人住民の手続きはこちら)。

戸籍・印鑑・証明書が必要なとき(郵送による請求方法はこちら

市内での転居

手続きが必要な場合があります。詳しくは各担当課にお問い合わせください。

届け出手続き【必要なもの】担当課
国民健康保険住所変更のため、担当課で手続きしてください。
【必要なもの】保険証、顔写真付きの公的な身分証明書、個人番号が確認できるもの
健康保険課
後期高齢者医療市内転居のときは、手続き不要です。被保険者証は変更後の住所へ後日送付いたします。健康保険課
国民年金加入者…手続不要です。
受給者…住所変更については、住民票個人コードを登録されている人は不要です。不明な人は年金事務所へお問い合わせください。
市民課
子ども医療
0歳~中学3年生
住所変更のため、担当課で手続きしてください。
【必要なもの】医療証、印鑑
子育て給付課
児童手当
中学校卒業まで
手続き不要です。受給者と対象児童が別居する時は、別居監護申立てのため担当課で手続きしてください。 
【必要なもの】印鑑、別居する児童の個人番号が確認できるもの
子育て給付課
学校の手続き

校区が変わる場合で、転居と同時に転校される時は、転入と同様の手続きに なります。転居後も学期末まで従前の学校へ引き続き通学を希望される場 合は、教育委員会での手続きが必要です。
※ 必ず校区の確認をしてください。

教育委員会総務課
身体障害者及び知的障害者医療費助成 医療証の住所変更手続きをしてください。
【必要なもの】印鑑、障害者医療証、健康保険証、マイナンバー通知カード(個人番号カード)
障害者支援課
老人医療(一部負担金相当額等一部助成)  医療証の住所変更手続きをしてください。
【必要なもの】印鑑、老人医療証、後期高齢者医療被保険者証または健康保険証、マイナンバー通知カード(個人番号カード)
障害者支援課
介護保険手続き不要です。介護保険課

水道の使用・廃止 

水道を新たに使用する時や、やめるときは、連絡が必要です。