ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会フォトニュース > 平成22年 イラクの中学校教師と交流 (光陽中学校)

平成22年 イラクの中学校教師と交流 (光陽中学校)

印刷用ページを表示する 2010年5月21日掲載

平成22年 イラクの中学校教師と交流 (光陽中学校)

イラクの先生のお話を聞いています。 イラクの先生に挨拶をしています

イラクの先生と記念写真をとりました。

光陽中学校の1年生は、国際理解学習と平和学習の一環として、来日中のイラク人中学校英語教師の

ワッセク・ジャシム先生をお招きし、イラクの中学生の日常の様子や戦争後、

今なお苦しむ心情を話していただきました。

ワッセク先生は、イラクの人々の悲しみを語り、「戦争は憎しみしかもたらさない」と訴えました。

また受け持ちの中学生の絵の作品をたくさん見せてくれました。

生々しい戦場の様子や平和を願う気持ちが伝わってきました。

お話の後、イラクの中学生からのメッセージや中学生が描いた絵もいただき、

ワッセク先生と1年生で記念撮影をしました。

ワッセク先生は、「日本のこんなすばらしい中学生との出会いを、イラクの教え子に伝えたい」

とおっしゃっていました。

光陽中学校の生徒は、遠く離れたイラクの中学生と、こころを合わせた1日となりました。