ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報きしわだ > 広報きしわだ 平成30年(2018年)2月号8面

広報きしわだ 平成30年(2018年)2月号8面

印刷用ページを表示する 2018年2月1日掲載

市・府民税(住民税)、所得税など
税の申告は2月16日(金曜日)~3月15日(木曜日)に

 市・府民税と所得税の、平成29年分所得の申告期間は2月16日(金曜日)~3月15日(木曜日)(土・日曜日、祝日を除く)です。
 なお、市・府民税だけを申告する場合は、2月7日(水曜日)から受け付けます。
問合せ 市民税課賦課担当(電話:072-423-9418、9419)

市・府民税の申告は、市役所市民税課で受け付け

 税務署で所得税の確定申告をする人は、市・府民税の申告は不要です。

申告は指定日に

 市・府民税の申告が必要と思われる人には2月上旬に申告書を郵送しますので、期間内に申告してください。
 混雑を避けるため、出来るだけ下表(1)の申告指定日にお越しください。また、下表(2)のとおり出張申告も行いますので、ご活用ください。

指定日に来られない人は

 申告期限が近付くと混雑しますので、申告指定日や出張申告を利用できない人は、早めに申告してください。
 市・府民税の申告書は郵送でも提出できます。同封している返信用封筒で、資料などを添付し、市役所市民税課へ郵送してください。なお、申告書の控えが必要な場合は、送付先住所・氏名を記載し、82円切手を貼った返信用の封筒を同封してください。

所得証明が必要な人は

 無収入などで申告する必要のない人で、所得証明などを発行するために申告する場合は、6月以降で証明が必要な時に申告してください。

(1)申告指定日

校区

日程

中央

2月16日(金曜日)

城内

2月19日(月曜日)

2月20日(火曜日)

朝陽

2月21日(水曜日)

東光

2月22日(木曜日)

2月23日(金曜日)

太田

2月26日(月曜日)

天神山

2月27日(火曜日)

修斉

2月28日(水曜日)

春木

3月1日(木曜日)

城北

3月2日(金曜日)

大芝

3月5日(月曜日)

新条

3月6日(火曜日)

八木南

3月7日(水曜日)

八木北

3月8日(木曜日)

八木

3月9日(金曜日)

大宮

3月12日(月曜日)

常盤

3月13日(火曜日)

光明

3月14日(水曜日)

(2)出張申告受付日

校区

日程

受付時間

場所

城東・山直南

(三田町含む)

2月22日(木曜日)

10時~12時

13時~16時

山直市民センター

(三田町)

山直北

(三田町除く)

2月23日(金曜日)

10時~12時

13時~16時

山直市民センター

(三田町)

山滝

3月2日(金曜日)

10時~12時

山滝支所(内畑町)

東葛城

3月2日(金曜日)

13時~15時

河合町会館(河合町)

公的年金等の受給者は

 公的年金等の受給者で、次の(1)・(2)両方の条件を満たす場合は、税務署への所得税の確定申告が不要です。
(1)公的年金等の収入金額(2カ所以上の場合は、その合計額)が、400万円以下
(2)公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が、20万円以下
ただし、医療費控除などによる所得税の還付を受ける場合は、確定申告をしてください。
※ 確定申告書の提出が不要な人でも、市・府民税において公的年金等の源泉徴収票に記載されている以外の控除(扶養控除、社会保険料控除、生命保険料控除など)を受ける場合は、証明書などを添付して、市・府民税の申告をしてください。

平成30年度 市・府民税の主な改正点

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の創設

 人間ドックや予防接種など健康の維持促進および疾病の予防としての取り組みを行った人が、自己または生計を一にする親族に係る特定一般用医薬品等を購入した場合、その年中に支払った合計額が1万2千円を超える部分の額(上限8万8千円)について、同年分の所得控除を受けられます。この特例は、従前の医療費控除と合わせて適用を受けることはできません。
※ 控除の適用には、前述の取り組みを行ったことを明らかにする書類(領収書や検診結果通知など)および特定一般用医薬品などの購入費用が分かる書類(領収書もしくは、セルフメディケーション税制の明細書)が必要です。

給与所得控除の見直し

 給与所得控除の上限が適用される給与収入および給与所得控除が引き下げられます。

 

現行

平成30年度~

上限額が適用される給与収入

1,200万円

1,000万円

給与所得控除の上限額

230万円

220万円

国民年金のお知らせ

問合せ 貝塚年金事務所 (電話:072-431-1122)

家族の年金保険料も税の控除対象です

 国民年金の保険料は、全額が税の控除対象です。控除を受けるには、1年間に支払った保険料額を証明する「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」の添付が必要です。
 配偶者など家族の保険料を納付した場合も対象となりますので、確定申告の際は家族分の証明書も添付してください。
問合せ ねんきん加入者ダイヤル(電話:0570-003-004)

老齢年金の受給者に源泉徴収票を送付しました

 老齢や退職を支給事由とする年金は、雑所得として所得税の課税対象です。確定申告を行う受給者は、日本年金機構から送られてきた、1年間の年金の支払総額などを記載している「源泉徴収票」を確定申告時に提出してください。紛失した時などは再発行します。
問合せ ねんきんダイヤル(電話:0570-05-1165)

年金の予約相談

 全国の年金事務所で、年金の予約相談を受け付けています。予約すると、スムーズに相談ができ、相談内容に合ったスタッフが事前に準備のうえ、丁寧に対応します。
日時 月~金曜日午前8時半~午後4時
予約申込 ねんきんダイヤル(電話:0570-05-1165)

市民病院の救急外来診療を一時休診

 病院情報システムのメンテナンスのため、左記の日時で診療を休診します。
日時 2月23日(金曜日)午後9時~翌午前5時
問合せ 医療マネジメント課診療情報担当(電話:072-445-1000)

ご利用ください 時間外納税相談

 平日の開庁時間内に相談することが困難な人のため、市・府民税、固定資産税・都市計画税、軽自動車税について時間外納税相談を行います。
 当日納付もできます(領収書は手書き発行)。
日時 2月13日(火曜日)午後5時半~8時
場所 納税課窓口
問合せ 納税課(電話:072-423-9423、9424、9433)

新1年生のみなさん
就学通知書は届きましたか

 今春に小・中学校へ入学する新1年生に、就学通知書を1月下旬に送付しました。まだ届いていない人は、ご連絡ください。
問合せ 教育総務課学事担当(電話:072-423-9607)

人権標語入選作

  • 語り合い 認め合おうよ 人と人    大西 国男(市内在勤)
  • 理解し合えば必ずできる 差別や偏見 無い社会    木藤 浩一(市内在勤)